オンラインにより店舗を上回る売り上げを達成

(株)ナチュラム

釣り具メーカーのモニター店として創業

 大阪・城東区の(株)ナチュラムは、この2月に設立されて間もないフィッシング&アウトドア用品小売業。大阪の近隣商業地区、今福鶴見駅前に位置する総売り場面積約300坪の大型店「ナチュラム」に加え、オンライン上に「ナチュラム インターネットショップ」を構える。
 同社は設立36年目を迎える釣り具メーカー、(株)ナカジマの小売部門として1990年に創業。親会社であるナカジマでは、これに先駆けてエンド・ユーザーの情報収集を目的に釣り具店を構えていたが、1990年にはフィッシングをはじめ、4つの商品カテゴリーから構成される「ナチュラム」をオープン。さらに1993年には、これを現在のフィッシング&アウトドア用品専門店へとリニューアルした。その後1996年5月には「ナチュラム インターネットショップ」がオープン。これらの小売部門は、すでにグループの総売上高の40%を担うまでに成長している。
 中でも「ナチュラム インターネットショップ」は1996年に開店して以来、4年間の試行錯誤を経て、今日では月次ベースで店舗を上回る売上高を達成している。「昨年の暮れには、ついにインターネットが店舗の売上高を抜きました。この1月にもそれは続いており、恐らく、再び逆転することはあり得ないと踏んでいます」と語るのは、親会社の小売部門を統括しつつ、自らWEBマスターとして手探りでインターネットショップを構築してきた中島成浩氏。氏は(株)ナカジマ 代表取締役社長 中島一成氏の子息であり、(株)ナチュラムの設立と同時に初代代表取締役社長に就任した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年3月号の記事