電話回線とインターネット技術を組み合わせたバンキング・サービスを展開

さくら銀行(株)

最新テクノロジーを駆使し、サービス・チャネルを拡大

 さくら銀行は、1999年1月にCTIを活用したコールセンターを新設、2月には(株)エーエム・ピーエム・ジャパンと提携し、コンビニ店内にATMを設置し、銀行サービスの提供を開始するなど、顧客サービスの向上を目指し、最新テクノロジーを駆使したサービス・チャネルの多角化を進めている。そのひとつに、日本アイ・ビーエム(株)のシステムを導入して構築した「ブラウザバンキング」がある。
 同行が「ブラウザバンキング」を開始したのは、1998年7月。まずは、イントラネットを活用している企業の中の個人を対象にスタートし、10月19日からは一般個人向けにもサービスを開始。1999年2月からは、NTTドコモ(株)の「iモード」を利用したバンキングを開始した。
 同行の「ブラウザバンキング」の正式名称は「さくらのブラウザバンキングサービス」。「いつでも、どこでも、かんたんに」をコンセプトに、自宅からでも、外出先からでも、パソコンや携帯電話を利用して、同行を手軽に利用できるサービスとして考案された。パソコンの場合は残高照会、入出金照会、振り込み、住所変更手続き、ローン・シミュレーションなどが行える。また、携帯電話の場合は、照会サービスと振り込みが可能だ。
 申し込みから、約3週間で利用の手引き書と利用時ID番号が届き、手引きに従って必要な設定を行うと、その日からすぐに利用できる。
 サービスの利用時間は、照会サービスが土・日・祝日を除く毎日、8時45分?19時まで。振込サービスが午後2時?3時と土曜日の午後9時から翌朝7時を除くすべての時間帯となっている。振り込みはすべて電信扱いで、取り扱い1件につき利用手数料100円が必要(別途消費税がかかる)。振込指定日に利用手数料と振込手数料を合算して、振込資金と同時に出金口座より自動的に引き落とされる。
 パソコンはWindows95、98、NT、Macintoshに対応しており、これにブラウザ・ソフトがあれば誰でも利用できる。携帯電話は、今のところ、NTTドコモの「iモード」対応機種のみを対象としている。

同行では、リーフレットやホームページで「さくらブラウザバンキングサービス」を案内している。URL:http://www.sakura.co.jp/bank/ 同行では、リーフレットやホームページで「さくらブラウザバンキングサービス」を案内している。URL:http://www.sakura.co.jp/bank/

同行では、リーフレットやホームページで「さくらブラウザバンキングサービス」を案内している。URL:http://www.sakura.co.jp/bank/

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年7月号の記事