オリジナル刺繍入りの衣料品を通信販売で

日本ランズエンド(株)「コーポレート・セールス」

ベーシックな衣料品を引き立てるアクセントとして

 米・ランズエンドの創業は1963年。創業者のゲリー・コマー氏の趣味でもあったセーリングのグッズを通信販売する企業としてスタートをきった。80年代初頭には主要取扱品目をカジュアル・ウェアに切り換えて急成長を遂げ、現在では米国アパレル通販業界でトップの座を誇る。93年には日本法人、日本ランズエンド(株)を設立し、日本での本格的な事業展開に乗り出した。
 商品に顧客のイニシャルを入れるモノグラミング・サービスは、アメリカでは1970年代後半?80年代初頭、まず、セーリング・グッズを収納するラゲッジ類からはじまった。81年版のアメリカのカタログでは、全68ページのうち9ページがラゲッジに当てられており、さらにその中の見開き2ページを割いて、モノグラミングについての説明がなされている。当時は書体は1インチ大のブロックスタイルのみ。印字できるのは大文字だけだった。当初は「誰の持ち物かを明確にする」という実用本位のサービスだったわけだ。
 その後、モノグラミング・サービスはカジュアル・ウェアにも広がり、選択できる書体も増えていった。また、各種のスポーツを象徴する絵柄なども用意されており、同社のシンプルな衣料品を引き立てるアクセントとして利用する顧客が多い。
 日本ランズエンド(株)では、スタート当初からピンポイント・シャツをはじめとする数点のアイテムで、モノグラミング・サービスに応じてきた。このアイテム数を拡大するとともに、98年には「Lands’ End」のロゴ、および、米・ランズエンドのシンボルであるライトハウス(灯台)のロゴを入れる刺繍サービスを開始した。また、日本ランズエンド(株)のオリジナルとして、女性用のTシャツなどに「L.E.J」の文字をアレンジした刺繍を入れるサービスもはじめている。
 現在、モノグラミングや刺繍のサービスを利用できるアイテムは、トップスの約半数、数十種類といったところだ。利用料金はモノグラミング・サービスが500円、刺繍サービスが700円。同社では通常、受注から24時間以内に商品を発送しているが、これらのサービスを利用した場合にはこれにプラス24時間がかかり、受注の翌々日の発送となる。

日本ランズエンド(株)スタート当初からモノグラミング・サービスの対象であったピンポイント・シャツのページ。モノグラミングは毎月、コンスタントに利用があるという

日本ランズエンド(株)スタート当初からモノグラミング・サービスの対象であったピンポイント・シャツのページ。モノグラミングは毎月、コンスタントに利用があるという

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年8月号の記事