顧客情報を分析し、最適な情報を発信

(株)サンルートホテルシステム

予約システムとホームページをドッキング

 国内84店、海外7店、合わせて91店のホテルを展開する(株)サンルートホテルシステムは、97年12月からインターネットのホームページ上での宿泊予約受付を開始した。
 日常的にパソコンを使用するビジネスマンを主なターゲットとするホテルの予約にはインターネットが適していると言われ、成果が上がっている事例も多いようだが、これはほとんどがE-mailのやり取りによるもの。折り返し連絡することで、いたずらなどのリスクを避けるためだ。希望を申し入れてから予約が確定するまでには数時間、あるいは半日ほどのタイムラグがあるのが普通である。
 ホームページでの予約受付実施に当たって、同社ではリスクを最小限にとどめるために、予約を3カ月先まで、3連泊までに限定した。その上で、全91店、1万2,000室のうちの約10%に当たる約1,300室の予約状況、利用料金、各店の外観や施設、地図、周辺情報などをホームページで公開。利用者が自由に情報を検索し、納得のいくまで検討して、その場で予約のエントリーができる環境を整えた。91店のうち直営は9店、残りの82店はFCで運営されており、予約状況が公開されているのは、本部に予約獲得を任された、いわゆる“預かり部屋”。空室が少なくなると、本部が各店と連絡をとり、空室を提供するように要請する。
 同社ではこれに先立って、本部やそれぞれのホテルから全店の空室情報を把握できる予約システム「サンネット」を構築しており、ホームページでの予約にも同じ情報が活用されている。予約は各店のほかに、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、福岡の6カ所の予約センターで平日の午前9時30分から午後6時まで受け付けている。ホームページを利用するメリットは、休日や夜間にかかわらず、いつでも全国のホテル情報にアクセスできることと、より詳細な情報を得られること。たとえば同じシングルでも仕様や料金の異なるタイプの客室がある場合には、その違いを表や写真で確認して、最も希望に合った部屋を選ぶことができる。
 現在、ホームページによる予約は月間約400件で、1件当たり平均1.3泊。予約全体に占める比率はまだ低いが、利用件数は順調に伸びている。

ホームページで自由に情報を検索し、その場で予約も行える
ホームページで自由に情報を検索し、その場で予約も行える

ホームページで自由に情報を検索し、その場で予約を行える

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年7月号の記事