「Let’s talk about your Geteway」を合言葉に

日本ゲートウェイ2000(株) 

コンピュータを「受注生産」「通信販売」

 ゲートウェイ2000は、1985年、アメリカのアイオワ州スー・シティの牧場の片隅でスタートをきった。会社設立に当たって創立者のテッド・ウエイト氏が描いたビジョンは、「ユーザーひとりひとりに価値と満足を提供していきたい」というものだった。現在、同社は世界最大手のパソコン直販メーカーのひとつに数えられているが、そうした初心を常に持ち続けようという姿勢からだろう、同社の広告やパッケージにはスー・シティで飼われていた牛の模様が使われている。それは、パソコンという無機的な商品も、扱うのは人間という有機体だということを忘れないための旗印のようにも見える。
 日本ゲートウェイ2000(株)は1995年の設立。扱っている製品の基本仕様は現在20種類。実物を見たいというお客様のために、東京、大阪、名古屋に直営ショップを設けているが、主な販売チャネルは通信販売。パソコン関連の雑誌や新聞などに通販広告を出稿し、注文やカタログ請求を募っている。注文はフリーダイヤル、直営店、およびインターネットで受け付け、マレーシアにある工場で生産。でき上がった製品は日本での受け入れ検査を経た後、顧客の手もとに届けられる。
 “最新のテクノロジーと最高のパフォーマンス”を最速でユーザーのもとへ届ける仕組みが、多くのユーザーに支持されている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年7月号の記事