「ナンバー・ディスプレイ」の活用で迅速・確実な配車を実現

金港交通(株) 

約200台のタクシーの位置を画面上で把握

 1952年(昭和27年)創業の金港交通(株)(本社:横浜市)は、CTI技術をいち早く採り入れたタクシー会社だ。97年1月にスタートした「ナンバー・ディスプレイ」の試験提供に企業モニターとして参加。これ以降、自社開発のシステムを使い、迅速・確実な配車を実現させている。
 同社のタクシーは横浜市内を中心に、常時約200台が走っている。売り上げの約60%は公道でタクシーをつかまえる不特定多数の顧客によるもの、残りの約40%が無線センターに電話をかけ、配車を依頼する特定顧客によるものだ。CTIの活用に当たって同社が着目したのは、後者である。
 これに先だって同社では95年6月に、緯度・経度が明記された地図情報システム、GPS-AVMを完成させていた。「ナンバー・ディスプレイ」によって得られる電話番号情報と、この地図情報をリンクさせるために、それまで紙で管理していた約1万件の顧客情報をデータベース化。PBX(構内交換機)と、このデータベースを連携させた配車受付システムを作り上げたのである。
 同社の無線センターにかかってくる電話は1日平均700〜800本。無線センターのスタッフは女性3人、男性5人の総勢8人。うち常時2〜3人が待機し、電話を受けるオペレータと配車を担当するオペレータの見事な連携プレーで、平均数十秒で対応が完了する。電話はまずPBXを通り、CTIサーバを介して電話番号をキーに顧客情報が引き出され、オペレータのパソコン画面に表示される。電話番号が通知される割合は約65%。ほとんどがリピーターからの配車依頼であるため、電話番号が通知される限り、大部分が顧客データベースとヒットする。さらにこの情報はGPS-AVM端末に送られ、該当エリアを中心とした詳細な地図が表われる。そこにはエリア内にあるすべてのタクシーの車両番号、進行方向、乗車・空車、あるいは休憩中かといった情報が表示されているので、配車担当のオペレータはこれをもとに、顧客に最も近いタクシーに無線で連絡。連絡がとれると、その車両番号を顧客に伝えるという仕組みだ。
 CTI導入の大きなメリットのひとつは、1本の電話にかかる時間が大幅に短縮できたこと。「受付件数は増加していますが、オペレータ数は増やしていません。お客様にも電話がつながりやすくなったと好評です」と、取締役企画部長の末本栄一氏は語る。

ベージュの車体が目印の金港交通㈱のタクシー

ベージュの車体が目印の金港交通㈱のタクシー

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年7月号の記事