業界に先駆けてテレマーケティングを導入

第一勧業銀行

テレマーケティングへの積極的な取り組み

 第一勧業銀行では、業界に先駆けて1994年1月からテレマーケティングを開始。非対面のチャネルにより営業店をサポートすること、顧客のニーズを把握し、疑問や不満を解消することが目的であった。現在では、アウトバウンド業務を行う6カ所のダイレクトマーケティングセンターと、インバウンド業務を行う1カ所のコールセンターを持つ。全国の営業店をサポートする体制を整え、定期預金の満期日やキャンペーンなどの案内、インフォメーション・照会業務のほか、今話題のテレホンバンキングなど、幅広い分野にテレマーケティングを導入。日々、銀行サービスの拡充に努めている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年5月号の記事