ユーザーの利便性をアップする通信販売の展開で文具店を活性化

プラス(株)

 文具・オフィス家具メーカーのプラス(株)は、1993年3月に文具店と共同でカタログ通信販売事業「ASKUL (アスクル)」をスタートした。事業名の由来は「明日来る」。その名のとおりオフィス用品を注文の翌日に届けるという、ユーザーにとっては便利なサービスである。
 酒販店同様、文具店の数は大幅に減少している。とはいえ、メーカーにとっては文具店ルートでの販売が売り上げの大部分を占めていることに変わりはなく、いかにその営業を支援していくかが課題となっていた。そこで同社は文具店と共同で、新事業「ASKUL」を開始したわけである。
 同社の製品を扱っている文具店は全国に約1万5,000店。このうち約2,000店が同事業に参加している。これら 2,000店が開拓したユーザーのデータを同社のコンピュータに登録し、同社から直接カタログを送付、注文・問い合わせ、商品配送が同社とユーザーの間で直接行われる。しかしユーザーはあくまでも「文具店の顧客」として位置付けられており、請求書は同社から文具店名で、ユーザーへ送られ、文具店経由で決済業務が行われている。
 カタログ『ASKUL』に掲載されているのはおよそ1,600アイテム。ユーザーの使い勝手の良さを優先した結果、自社商品に加えて競合他社の文具、またお茶やゴミ袋など文具用品以外の商品も多数取り扱っている。注文はペン1本でもOKだが、 3,000円以上注文すると送料が無料となるため、一定量をまとめて注文するケースが大半。ユーザー数は当初見込みを大きく上回る 7万3,000社に上っている。

文具以外のアイテムも豊富に品揃え

文具以外のアイテムも豊富に品揃え

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年2月号の記事