子どもにとって一番いいものを

ハナアンダーソン


 ハナ・アンダーソンの設立は 1983 年。コットン 100%にこだわり、子ども本来の美しさが映え、着やすく洗濯に耐える上質な日常着を提供している。同社は年間トータルで 1,500 万冊以上のカタログを発行し、世界 80 カ国からオーダーを受け付けているが、 1993 年に日本市場は米国に次ぐ第 2 位のマ ーケットになった。そこで今年 1月、日本にサービスセンターを設け、問い合わせ・注文の受け付けを開始した。
 もともと同社が日本で知られるようになったのは、米国に長く住んでいた経験のあるひとりの母親の口コミから。子どもに着せていた同社の商品が友人の問で話題になり、 88年頃からグループを作ってまとめて発注するようになった。このようなグループが全国各地に自然発生的に生まれており、社長のグン・デンハート氏は来日するたびに彼女たちに会い、ニーズを吸い上げている。
 カタログ請求は女性誌、育児雑誌、個人輸入のムックなどに広告を出稿して募っているが、現在日本に送られているカタログは毎号約 14 万部。今年東京で1月と9月の2回、東京近郊の顧客とその友人・知人を対象に展示会を開催したが、来場者数は各回約 1,000組、3,000人に上り、ここで獲得された新規顧客も多い。ユ ーザーは 0~3 才の子どもを持つ 25~35才の女性が中心だ。

ハナ・アンダーソンの商品は、アレルギーの子どもにもやさしい

ハナ・アンダーソンの商品は、アレルギーの子どもにもやさしい

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1995年12月号の記事