コンタクトセンター最前線(第139回):自殺を思いとどまって──尊い命を守る電話相談 東京都自殺相談ダイヤル「こころといのちのホットライン」

東京都福祉保健局

景気低迷を背景に後を絶たない痛ましい自殺を防ぐため、東京都福祉保健局は、自殺を考えるほど思い悩む人からの相談電話を受け付ける「東京都自殺相談ダイヤル~こころといのちのホットライン」を運営。臨床心理士ら約50人が、増加する相談に対応している。

2007年度から社会的なネットワークの構築に着手

 人生における大きな苦難に直面し、誰にも相談できぬまま追い詰められ、自らの意思で自分の命を絶ってしまう自殺――。
 内閣府によると、警視庁から提供を受けたデータに基づく国内の年間自殺者数は、“バブル経済”の崩壊後に経済情勢が厳しさを増した1998年に初めて3万人を突破した。これは、交通事故による死者を大きく上回る規模。2012年には前年に比べて1割ほど減少して3万人を割り込んだものの、約2万8,000人と依然として深刻な社会問題となっている。
 東京都における自殺者数も、国内の自殺者数の推移と同様の傾向を示しており、1998年に急増。以来、年間で2,500人から2,900人で推移。住民の高齢化に伴い、高齢層の自殺が増えているほか、30代以下の若年層の割合が多いのは、ほかの道府県には見られない傾向となっている。全国的に自殺者が減少した2012年については現在、統計データの精査が進められており、2,500人を割り込むかどうかが焦点になっている。
 このように自殺者数が高い水準で推移している背景には、厳しい社会経済状況があり、悩みを抱えながら誰にも相談できずに精神的に追い詰められ、自殺を選んでしまうケースが多いものと考えられている。
 こうした中、都福祉保健局では、深刻な悩みを抱える人が社会的に孤立してしまうことを特に問題視。2007年度から自殺総合対策事業として、自殺を防止するための社会的なネットワークの構築に着手した。
 具体的には、庁内の関係部局による連絡会を立ち上げたほか、区市町村や民間団体などとの連携を強化するかたちで「こころといのちの相談・支援東京ネットワーク」を組織。定期的に情報交換の会合を持つことで、悩みを抱える人に、自殺に追い込まれる前に相談してもらい、支援の手を差し伸べることを目的とした、継続的な取り組みに乗り出した。
 都福祉保健局ではこうした取り組みの一環として、2010年4月に、自殺を考えるほど思い詰めた人からの緊急性の高い電話相談を専門に受け付けるコールセンター、「東京都自殺相談ダイヤル~こころといのちのホットライン」を開設した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年6月号の記事