コンタクトセンター最前線(第137回):増加するコールへの対応が急務 人材育成や改善活動に注力し高い顧客満足を達成

イーデザイン損害保険(株)

東京海上グループの“ネット損保”として2009年に営業を開始したイーデザイン損害保険(株)では、見込客や契約中のお客さまをサポートするコールセンターを運営。同社の業績拡大を背景に増加傾向にあるコールに対応するため、人材育成やVOC活動に注力している。

CMや交通広告で認知度が向上 業績が順調に拡大

 イーデザイン損害保険(株)は、東京海上グループの“ネット損保”として2009年1月に設立され、同年6月から営業を始めた。自動車保険と自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)を取り扱っており、主力商品である前者の自動車保険をインターネットで販売。損害保険業界における“ネット損保”のシェアは拡大傾向にあるが、同社の設立によって、東京海上グループとしても本格参入を果たしたかたちだ。
 いわゆるネットビジネスの事業環境は、スマートフォンの普及が急速に進むなど、依然、ダイナミックな変化の途上にある。こうした中、スピーディーな事業展開が不可欠との判断から、同社が設立された。また、NTTグループのNTTファイナンス(株)から出資を受けており、情報通信のインフラやテクノロジーなど多方面でNTTグループとの協力関係を築いている。
 お客さまには、ネットでの自動車保険の申込時に、自動車の利用状況などに応じて補償内容や補償額を自分自身で柔軟にプランニングできることを“売り”に、テレビCMや交通広告を積極展開。東京海上グループのブランド力を生かして、認知度の向上を図っている。
 設立当初は、ネットとの親和性が高い若年層をターゲットに見込んでいたが、ふたを開けてみると、幅広い世代から支持されている。業績は順調に拡大し、2012年3月期の正味収入保険料は、前年同期比82.5%増の52億1,300万円となっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年4月号の記事