コンタクトセンター最前線(第71回):受付窓口と収集事務所を統合 ナビダイヤルでフレキシブルな受付体制を構築

横浜市役所 資源循環局

「ヨコハマはG30」 を合い言葉に、市民および事業者と協働して、ごみの減量とリサイクルを推進している横浜市役所資源循環局。同局では、従来個別に委託していた粗大ごみ受付業務と収集業務を統合することで、業務の効率アップを実現している。

粗大ごみの収集依頼と問い合わせに対応

 神奈川県横浜市は、港町として発展し、観光地としてだけでなく住みたい街としても人気が高いことで知られる都市である。2007年8月1日現在の人口は、推計で362万5,495人。同じく世帯数は、152万8,911世帯。いずれも、近年はコンスタントに増加を続けている。
 人口が増えれば、ごみも増えるはず。ところが、同市のごみの排出量は人口に反比例して、2003年度以降、減少し続けている。2001年度には161万トンあったごみ排出量が、2005年度には106万トン(約34%減)にまで減少した。これは、横浜市役所の資源循環局が2003年1月より進めている、ごみの減量とリサイクル「横浜G30プラン」の効果だ。「ヨコハマはG30」を合い言葉に、市民および事業者と協働して“環境行動都市ヨコハマ”を実践している。「横浜G30プラン」では、2010年度のごみ排出量を2001年度に対して30%削減することを目標としていたが、目標より5年早い2005年度にこれを達成した。ちなみに、G30の「G」は、ローマ字のごみ、または英語でごみを意味するGarbageと減量(Genryo)のGを、「30」は削減目標である30%を示している。
 粗大ごみについては、横浜市が1年間に収集に当たる件数は、2006年度の実績で約180万個。これらの収集依頼および粗大ごみに関する問い合わせを受け付けているのが、粗大ごみ受付センターである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年10月号の記事