通信ネットワーク最前線(第25回) 

ティーペック(株) 

ティーペック(株)は、業界初の電話健康相談専門会社。同社がフリーダイヤルで24時間・年中無休で受け付ける「ハロー健康相談24」について話を聞いた。

業界初!! 24時間・年中無休の電話健康相談を開始

 ティーペック(株)は、21世紀の超高齢化社会を迎えるに当たり、厚生省の助言、指導のもと、北欧や米国の医療・介護関連の制度やシステムについての長年にわたる研究を経て、1989年6月に日本で最初に設立された電話健康相談の専門会社である。設立時には、医師・看護婦・保健婦などの有資格者が、健康相談、および、夜間・休日にも診療を行っている医療機関の問い合わせを24時間・年中無休、フリーダイヤルで受け付ける「ハロー健康相談24」のみを行っていたが、その後、会員のニーズに合わせて提供サービスを拡充。現在では、人には聞きにくい悩みに音声応答システムでアドバイスを行うサービスをはじめ、自宅にいながらわずかの血液や便・痰を簡単な器具で採取し、郵送するだけで検診が受けられる「郵便検診」や健康情報誌『さわやか』の発行など、法人または個人を対象とした合計9種類のサービスを提供している。
 その一方で「ハロー健康相談24」にもさまざまなサービスが加わり、現在では、健康相談・医療相談・看護相談・介護相談・メンタルヘルスなどの各種相談と、医療機関情報・夜間や休日の医療機関の案内・介護などに関するシルバー情報・医薬品に関する情報など幅広い情報を提供している。同サービスは会員制となっており、主に健康保険組合、共済組合など各種団体や流通関連会社などでは社員・職員の福利厚生として、メーカーや通信、金融関連会社などでは顧客サービスの一環として利用されている。
 契約には、一般の契約のほかに専用回線契約がある。専用回線契約とは、専用のフリーダイヤル番号を設け、契約先が希望する名称で相談を受け付けるもの。顧客サービスの一環として「ハロー健康相談24」を利用している企業には、顧客に独自の事業としてアピールできるメリットがある。
 現在の契約数は、一般契約が約800件、専用回線契約が約370件。同サービスは、基本的に法人を対象としたサービスであるが、希望すれば個人が会員になることもできる。入会金は無料。毎月1,300円の会費を納めるだけでいい。現在同社では、約300名の個人会員を有している。

「ハロー健康相談24」のパンフレット。同サービスの歩みはティーペック(株)の歩みでもある

「ハロー健康相談24」のパンフレット。同サービスの歩みはティーペック(株)の歩みでもある

東京コールセンターのオペレーション風景

東京コールセンターのオペレーション風景


この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年10月号の記事