通信ネットワーク最前線(第24回) 

(株)オークローンマーケティング

独自の“パワーブランディング”のコンセプトに基づき、テレビショッピングを展開する(株)オークローンマーケティング。そのインバウンド業務と今後の展望について話を聞いた。

“パワーブランディング”に基づいたマーケティング戦略を推進

 1993年に設立された(株)オークローンマーケティングは、日本のダイレクトマーケティング業界ではじめて“パワーブランディング”の概念に基づいたマーケティングを実践。自らテレビショッピングの番組企画、商品供給、受注から発送までのフルフィルメントを手がけるほか、会員向けカタログ通販、および他の通販会社や問屋、量販店への並行輸入品の卸を行い、現在急速に売り上げを伸ばしている。
 “パワーブランディング”とは、現在ではほとんどの家庭に普及したテレビを通じて繰り返し訴求することで、商品そのもののブランド・イメージを高めると同時に受注を促進し、カタログによる通信販売や店舗などほかの流通チャネルでの購買行動を促すこと。つまり、さまざまな販売チャネルをミックスすることで相乗効果をもたらし、商品の売り上げを伸ばしていくことを意味している。同社のヒット商品、スーパーシミ抜きディディセブン、アブシェイパーをご存じの方は多いはずだ。
 輸入専門商社として設立された同社では、テレビショッピング会社への卸を行っていたが、設立の翌年、カナダの通信販売会社、インターウッドマーケティング社と日本総代理店契約を結び、在日外国人向けの生活雑貨や健康器具、カーアクセサリーなどを扱うテレビショッピングをスタート。当初はその受注業務をテレマーケティング・エージェンシーに委託していたが、自社内で受付業務を行う必然性を感じ、1994年、インハウス化に踏み切った。これが、テレビショッピング向け商品の選定から受注、商品の発送までを自社で手がけるようになったきっかけである。
 同社では、コールセンターを開設するに当たり、イギリスからコールセンター・マネジメントに長けた優秀な人材をヘッドハンティングした。また、1カ月に1度、ニューヨークからコンサルタントを招いて研修を行い、テレマーケティングの先進国であるアメリカやイギリスのノウハウを取り入れ、質の高いコールセンターの構築に取り組んでいる。
 続いて同社では、1997年10月より、同社のテレビショッピングで商品を購入したお客様を対象に、「オークローンクラブ」の名称で会員制のカタログ通販を開始。テレビショッピングの受注時にオペレーターが「オークローンクラブ」の紹介をするという方法で会員を募っている。一度同社のテレビショッピングを利用したお客様であれば、年会費3,000円で誰でも会員になれ、会員特別価格で商品を購入することができる。現在、会員数は約4万人を上回っている。

年4回発行予定のカタログ「オークローンクラブ WOWカタログ」。テレビショッピングで紹介している商品をゆっくりじっくりカタログで吟味できる

年4回発行予定のカタログ「オークローンクラブ WOWカタログ」。テレビショッピングで紹介している商品をゆっくりじっくりカタログで吟味できる

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年9月号の記事