通信ネットワーク最前線(第6回)

(株)法研

半世紀にわたり健康、 医療、 年金、 福祉情報を、 出版物を通じて提供してきた株式会社法研。 出版から派生した事業のひとつ、「ファミリー健康相談」 について話を聞いた。

健康に関わる情報提供、啓蒙を担って

 「言論を通じて社会保障制度の確立を推進し、国民の文化的な生活の建設に寄与する」ことを目的として、1946年 10 月に設立された(株)法研。
 健康保険組合、共済組合、厚生年金基金などが担う健康保険組合事業は、医療費の負担と、スポーツ大会の実施や保養所の設置などを通じて行われる組合員の健康維持・管理の 2 つに大きく分けられるが、同社では、約半世紀にわたり蓄積してきた社会保障、および健康管理・健康づくりに関する情報提供を通じて、後者の事業をサポートしている。
 同社の主な情報提供ツールは出版物。健康保険事業を行う組合・団体の貴重な資料となる社会保険専門図書や健康保険組合・厚生年金基金の機関誌、家庭医学書、保健図書、定期刊行物などがその中心で、1 年間に発行する出版物の数は 1,000 点を超える。これに加え、さらに高度なユーザーの要望に応えるために、健康保険組合を運営するために必要な制度や社会保障情報の研究会、厚生年金基金に関する研究会、健康づくりや食事指導などの実践的セミナーの企画・運営なども行っている。また近年では、CD-ROM による電子出版などのニューメディア事業にも力を注いでいる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年3月号の記事