【第20回】通信販売における返品経験に関する調査

通販利用者の約2割が商品を返品。
返品したかったのにしなかった人の大半は、その後の通販利用に変化が。

通販会社の中には、CS向上や競合との差別化を狙い、お客さま都合による返品の許容、返品受付期間の拡充といった返品対応強化を図る動きが見られる。実際、通販利用者がどの程度商品を返品しているのかについて、ネットリサーチを実施した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年11月号の記事