【第19回】プライベートにおけるソーシャルメディアの利用状況に関する調査

Facebook、Twitterユーザーの約4分の3が企業情報にアクセス。
増え続けるソーシャルメディアの利用者に向けて、FacebookページやTwitterの公式アカウントを用意し、情報を受発信する体制を整えている企業も多い。これに対して実際、どのぐらいの生活者が興味を示しているのだろうか。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年10月号の記事