独自運営のEC サイトで商品の持つ特長をしっかりとアピールする売り場を実現

(株)ワコール

1984年にカタログ通販に参入した(株)ワコールでは、2000年に独自のECサイト「ワコールウェブストア」も開設。その事業は店頭で展開しづらいニッチ商品のヒットを生むなど順調に推移しており、今後も新たな顧客の獲得などにより、さらなる事業拡大を図っていく意向だ。

1984年から30年近くにわたって通販事業を展開

 1946年に婦人洋装装身具の卸商「和江商事」として創業。1949年に和江商事(株)として法人化し、以降、「世の女性に美しくなってもらう」という経営理念の下、事業活動を通じて「女性の“美しくありたい”という願いに役立つこと」を目的に、60年以上、女性の価値観や美意識を見つめ、「女性と共に」歩んできた(株)ワコール。自らの事業領域を「ボディデザイニングビジネス」と定める同社グループでは、「身体」と「こころ」を総称して「ボディ」ととらえ、コアコンピタンスに基づいたインティメートアパレル事業・ウエルネス事業を通して、「美」「快適」「健康」という3つの価値の提供を続けている。なお、同社グループは2005年に持株会社制に移行しており、現在、同社は持株会社である(株)ワコールホールディングス傘下の中核事業会社という位置付けとなっている。
 具体的な事業の中心は、インナーウェア(主に婦人のファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア及びリトルインナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他の繊維製品および関連製品の製造・販売だ。その主要販売チャネルは百貨店、量販店や一般小売店、直営店舗といったリアル店舗であるが、1984年には通販にも参入。以降、30年近くにわたってメーカー通販を展開し続けている。
 同社が通販に参入した目的は顧客と直接コミュニケーションを持つことで、チャネルの多様化に対応するとともに、卸売では取り扱いの難しい商品の販売やマーケティング・リサーチを行うこと。1984年の参入当初はカタログを媒体とする展開であったが、2000年に独自のECサイト「ワコールウェブストア(Wacoal WebStore)」を開設し、現在ではカタログ「LOVEBODY」「ゆらら」と「ワコールウェブストア」とを併用するかたちで通販事業を展開している。なお、「ワコールウェブストア」については、近年、店頭への来店客の増加が期待しにくい中で、新たな顧客接点として位置付け、年々、注力度を高めている。
 以降、本稿では「ワコールウェブストア」を中心に、その取り組みを紹介する。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年10月号の記事