お客さまの利便性を第一に“買いたいときに、買いたい場所で”を実現

(株)ドクターシーラボ

通信販売から事業をスタートした(株)ドクターシーラボでは、事業開始の約2年後には百貨店内に対面型店舗1号店をオープン。以後、通信販売と店舗販売を併用し、相互に連携することで、コンセプトである“マルチチャネル・ダイレクトマーケティング”の実現を図っている。

メディカルコスメ”のリーディング・カンパニー

 皮膚科医を中心とする医師または医学博士が開発・研究に参加し、皮膚科・整形外科・美容外科などのクリニック、病院・医院で販売または紹介している化粧品を指す“メディカルコスメ(ドクターズコスメ)”。このコンセプトを日本で初めて採用したのが(株)ドクターシーラボである。
 同社の取扱商品は化粧品と健康食品。2012年7月期実績では、総売上高(390億8,242万円)の94.6%が化粧品事業、残り5.4%が健康食品事業によるものである。化粧品事業における商品構成はスキンケア化粧品が中心であり、主力の「Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ)」ブランドのほか、比較的低価格な品揃えでドラッグストアを中心に展開するメディカルコスメのエントリーブランド「Labo Labo(ラボラボ)」、エイジングケア効果の高いプレステージブランド「GENOMER(ジェノマー)」といったブランドも展開している。
 顧客層の中心は30~40代の女性。最先端の皮膚医学・クリニックの施術を取り入れたメディカルコスメならではの機能性に加え、安全性と合理性を兼ね備えた商品開発を行っていることが、肌にトラブルや悩みを持つ女性だけでなく、化粧品に安心・安全を求める女性からも幅広い支持を獲得しており、メディカルコスメのリーディング・カンパニーとしての地位は揺るぎないものとなっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年9月号の記事