情報サイトをベースに啓蒙による市場創造とブランディングを展開

(株)セールスフォース・ドッドコム

(株)セールスフォース・ドットコムでは、注力度を高めているソーシャルメディア・マーケティング・ソリューションの普及を目的に、情報サイト「Social Success」を運用。ソーシャルメディア・マーケティングの有用性の啓蒙による市場創造とブランディングに役立てている。

ビジネス成果獲得のためのソーシャルメディア活用をテーマとするWebサイト「Social Success」

 米国で1999年に創業したsalesforce.com, Inc.の日本法人として2000年4月に設立され、わが国における企業向けクラウド・コンピューティングの市場を切り拓いてきた(株)セールスフォース・ドットコム。同社では2012年7月からビジネス成果獲得のためのソーシャルメディア活用をテーマとする情報サイト「Social Success(ソーシャルサクセス)」を運用。同サイトを舞台としてコンテンツ・マーケティングに取り組んでいる。
 多くのマーケターが、“セールスフォース”と聞いて思い浮かべるのは、営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)のアプリケーションだろう。事実、同社の主力製品である「Sales Cloud」は、世界で最も利用されているクラウド型SFA・CRMアプリケーションとして、多くの企業のSFA・CRM施策をサポートしている。
 そのセールスフォースが近年、力を入れているのが、ソーシャルメディアのマーケティング活用(ソーシャルメディア・マーケティング)の分野である。例えば2011年5月には、salesforce.com, Inc.が、当時FORTUNE 100企業の半数以上が導入していたソーシャルメディア・モニタリング・プラットフォームのスタンダードとも言える「Radian6」を提供するRadian6社を買収。現在では、「Radian6」を2012年6月のBuddy Media社買収により同社が取得したソーシャルメディア・マーケティング・ソリューション「Buddy Media」と統合、「Marketing Cloud(マーケティングクラウド)」として提供している。
 このような流れを受けて、日本法人であるセールスフォース・ドットコムでも「Marketing Cloud」をはじめとするソーシャルメディア・マーケティングのためのソリューションの販売に力を入れているのだが、前述のようにマーケットでは“セールスフォース=SFA・CRM”というイメージが定着している。また、もともとオンプレミス型の製品により市場が確立しており、同社としては“クラウド”の優位性を武器にシェアを拡大していけばよかったSFA・CRM市場の場合と異なり、まだ端緒に付いたばかりのソーシャルメディア・マーケティングにおいてソリューションを普及させていくためには、新たに市場を形成していく必要がある。
 このような認識から企画され、運用が始まったのが、「Social Success」なのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年8月号の記事