スマホでドラマを楽しみながらファッション・アイテムを購入できる「ドラマコマース」を展開

夢展望(株)

ファッションECを展開する夢展望(株)は、動画の活用に注力。ブランドの世界観などを動画で紹介するほか、オリジナルのネット配信ドラマに登場する商品をリアルタイムで購入できる「ドラマコマース」の取り組みも展開している。

インターネット上に店舗を構えるファッション関連のSPA

 1998年5月に設立し、ダイエットコスメの通信販売から事業をスタート。現在では、10~20代女性をメインターゲットにファッション小売業を展開する夢展望(株)。「夢展望」「sevens」「eYEBEST」といったブランドで展開する同社の売り場は、すべてインターネット上に存在する。各ブランドとも独自運営の本店のほか、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「DeNAショッピング」といったポータルサイトへの“支店”も出店しており、例えば楽天市場では、優秀な店舗を表彰する「ショップ・オブ・ザ・イヤー2011」で「レディースファッションジャンル賞」ならびに「海外販売賞」を受賞するなど、高い実績を誇っている。
 取扱商品はアパレル、靴・バッグ、雑貨など。当初は仕入品を販売していたが、その後、自社オリジナル商品の製造・販売に移行。現在ではいわゆるSPA(製造小売業)の形態を採っている。
 同社の競争力の源泉は何と言ってもその圧倒的な商品力だ。トレンドが目まぐるしく変化する中で、流行に敏感な若い女性のニーズを満たすため、20代女性スタッフを中心とした商品企画チームを編成。同チームが顧客の目線で企画商品のデザイン、価格、着心地などを厳しくチェックすると同時に、生産企画管理部がサンプル段階での品質チェックを実施することで高い品質を担保している。また、商品企画はシーズン単位などではなく恒常的に行っており、しかも、企画から販売まで最短3週間という開発スピードを実現。SPAならではの機動性を生かして、トレンドに沿ったベーシック・アイテムだけでなく、個性的で挑戦的なアイテムの生産も手掛けている。加えて、大規模な販売力を背景に生産ロットを拡大し、協力工場に専有ラインを確保することで実現した高いコスト・パフォーマンスを軸に、多くの若い女性の支持を獲得。その登録会員数は約135万人にも及んでいる。
 さらに近年では、ECサイトの検索機能、レコメンド機能の強化のほか、ポイント・プログラムなどの顧客サービスの拡充、顧客情報管理による顧客満足の最大化などを積極的に推進することで、リピーターを増やしつつあり、ファッションEC業界の中でも注目を集める企業の1社となっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年4月号の記事