通信機能を備えた計測機器とリンクさせ会員制健康管理Webサービスを展開

(株)タニタヘルスリンク

(株)タニタの100%出資により2007年3月に設立された(株)タニタヘルスリンクでは、タニタの体組成計をはじめとする通信機能を備えた各種計測機器を活用して、会員制の健康管理Web サービスを展開。会員を対象とするユーザー座談会などを貴重なVOC 収集のチャネルとしている。

通信機能を備えた計測機器を活用した健康管理のためのWebサービスを提供

 近年、レシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』の大ヒットをきっかけにオープンした「丸の内タニタ食堂」の展開などで注目を集める、家庭用・業務用健康計測機器メーカー大手の(株)タニタの100%出資により、2007年3月に設立された(株)タニタヘルスリンク。同社では、タニタが製造・販売する体組成計をはじめとする各種計測機器を活用した、健康管理のためのWebサービスを提供している。
 Webサービスの基本的な内容は、通信機能を備えた体組成計などの計測機器で計測した体重、体脂肪率、消費カロリーほかのデータをWebサイト上に転送・記録することによって健康管理に役立ててもらうというもの。
 サービスメニューは大きく2種類ある。ひとつは、Webサイトへの直接入力のほか、体組成計の中でも中上位機種に搭載されている通信機能を活用した自動転送、モバイルサイトやブログを使った簡単入力などができ、ブログやSNSサイト上でグラフ管理ができる無料版の「ヘルスプラネット」。もうひとつは、USB通信または専用レシーバーを介した自動転送ができる体組成計に対応して、手軽にWebサイトに体重などのデータを転送し、「健康グラフ管理」によるセルフ管理のほか、管理栄養士や健康運動指導士などのサポートを受けるといったオプション・サービスも利用可能な有料版の「からだカルテ」だ。「からだカルテ」にはさらに、USB通信を用いる「リレーキータイプ」の「ダイエットメニュー」(月額料金800円)、「スタンダードメニュー」(同1,000円)、「ライトメニュー」(同580円)、「糖尿病対策メニュー」(同8,400円)、専用レシーバーを介した自動転送を活用する「レシーバータイプ」(同1,980円:4ユーザーID)が用意されている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年1月号の記事