憧れのメイクを疑似体験できるシミュレーション・アプリで新ブランドを訴求

(株)コーセー

化粧品メーカー大手の(株)コーセーでは、メイクアップブランド「ESPRIQUE」の発売に合わせて、スマホで撮影した自分の顔に、同ブランドのさまざまなアイテムを使ってメイクを試せるシミュレーション・アプリ「Girls Make」の提供を開始。約12万人のユーザーを獲得し、同ブランドの販売促進に役立てている。

スマホの本格的普及に先駆けてスマホ・マーケティングの展開をスタート

 化粧品メーカー大手の(株)コーセーでは、2011年4月から、主要ブランドのひとつである「ESPRIQUE(エスプリーク)」の販売促進の一環として、スマホを活用したマーケティングを展開している。
 「ESPRIQUE」は、同社が2011年3月、30代前半の女性をメイン・ターゲットに発売したメイクアップブランドだ。この世代の女性は、可処分所得が高く、美容意識も高いが、仕事も遊びもと忙しい。そこで、このブランドでは、“美しい仕上がりには妥協しない、でも手早く仕上げたい”というニーズに応え、ひとつのアイテムにつき、ひとつの動作で“簡単・キレイ”に仕上がる「ワンストローク ビューティ」というコンセプトを提案。このコンセプトに基づいてアイカラー、チーク、口紅などを提供している。イメージキャラクターはこの世代の女性に“安室ちゃん”として人気の高いアーティストの安室奈美恵さん。TVCMなどでも彼女を前面に押し出した訴求を行っている。主要販売チャネルはドラッグストアだが、販売員のコンサルティングを伴う販売を基本としており、同社の商品群の中では中価格帯でありながら付加価値性の高いプレステージ・ブランドとして位置付けられている。
 化粧品の販売促進においては、TVCMをはじめとするマス広告の威力は絶大であるが、コストの問題から際限なく出稿量を増やせるわけではない。同社ではこのような認識から近年、PC向け、携帯電話向けのWebサイトなどを通じた情報発信に力を入れてきたが、さらに最近ではiPhoneをはじめとするスマホが台頭。同ブランドを発売した2011年3月は、メイン・ターゲットとする30代前半の女性に普及し始めた時期であったこともあり、いち早くスマホを活用したマーケティングへの取り組みを開始することとしたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年11月号の記事