フィギュア商品化のためのインターネット人気投票で予想を大幅に上回る得票を獲得

(株)メガハウス

(株)バンダイのグループ会社でフィギュアの企画・開発・製造などを手掛ける(株)メガハウスでは、インターネット上で、ユーザーからの投票で上位になったキャラクターを商品化する「G.E.M. 銀魂商品化総選挙」を実施。予想を大幅に上回る得票を獲得し、多くの新たな知見を獲得した。

ユーザーからの投票により人気アニメのフィギュア商品化キャラクターを決定

 玩具メーカー大手の(株)バンダイのグループ会社としてトイ、玩具菓子、フィギュア、一般ゲームなどの企画・開発および製造・販売を手掛ける(株)メガハウス。同社では2012年2~4月、バンダイの公式オンラインショッピングサイト「プレミアムバンダイ」を舞台に、「G.E.M.銀魂(ぎんたま)商品化総選挙」を実施した。
 「G.E.M.」は同社が手掛けるハイクオリティ・フィギュアシリーズ。多くのフィギュアが男性をメインターゲットとしている中、20~30代の女性をメインターゲットとしている点が大きな特徴であり、これまでにいずれも人気アニメ・コミック作品である「HUNTER×HUNTER」「るろうに剣心」「コードギアス反逆のルルーシュ R2」「BLEACH」「鋼の錬金術師」などのキャラクターを商品化し、その精巧さなどから高い人気を博してきた。メーカー希望小売価格は7,000円台が中心で、ホビー店、キャラクター・ショップのほか、ホビー系の通販サイトを主な販路としている。
 一方、「銀魂」は『週刊少年ジャンプ』に連載されているコミックを原作にテレビ東京系列で放映された人気アニメ作品で、これまでにもいくつかのキャラクターが「G.E.M.」シリーズで商品化されている。
 今回の「G.E.M.銀魂商品化総選挙」は、「あなたの1票が商品化を決める」というキャッチフレーズの下、「銀魂」に登場する56名のキャラクターを候補に挙げ、ユーザーからの投票によって、上位にランクされたキャラクターを商品化するというものである。
 同社がフィギュアの商品化過程において、ユーザーからの投票を受け付けたのは今回が初めてではない。2011年夏に、やはり「銀魂」のキャラクターである「エリザベス」について、「プレミアムバンダイ」上で商品化リクエストを受け付け、リクエストが3,000件を超えた時点で商品化を決定するという企画を実施した。その際、Twitterによる情報発信を行ったところ、当該キャラクターのファンから投票を呼び掛けるツイートが数多く自然発生するなどして、多くの波及効果が確認されたことから、その拡大版として実施することとなったのが、今回の「G.E.M.銀魂商品化総選挙」である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年6月号の記事