インターネットを中心とする通販で自社開発の機能性健康食品を販売

ライオン(株)

トイレタリー・メーカー大手として確固たる地位を誇るライオン(株)は、2007年に通販に本格参入。インターネットを主要媒体として、中高年層をターゲットに機能性健康食品などを販売している。今後も自社通販にこだわった展開を継続し、事業としてのプレゼンスを高めていく意向だ。

2007年から通販事業に本格参入

 1891(明治24)年に石鹸およびマッチの原料取り次ぎを行う「小林富次郎商店」として創業。現在では「新・快適生活産業No.1企業」を標榜し、ハミガキ、歯ブラシ、石けん、洗剤などのトイレタリー製品のほか、解熱鎮痛薬の代名詞的存在である「バファリン」をはじめとする一般用医薬品、機能性健康食品などの製造・販売を手掛けるライオン(株)。同社では2006年に通販事業室を開設。翌2007年から通信販売事業を本格展開している。
 同社では2002年に関連子会社を通じてインターネット通販を開始。当初は使い心地や香りにこだわった石鹸などをラインナップした高級トイレタリー・ブランド「GUEST&Me」を取り扱うことで、主力である一般流通ルートとは一線を画して通販の展開を進めてきた。一方、2000年代半ばに新たな成長戦略の柱を模索する中で、同社の技術研究の成果が生かせる製品分野として機能性健康食品に着目。2007年から本格展開を開始した通販事業は、いわばこの2つの流れが合流した結果であり、“ライオンらしさ”を保ちながらの展開が進められている。
 取扱商品の中心は機能性健康食品7アイテム。いずれも「インナービューティ」「インナーヘルス」をコンセプトに生活習慣病対策や加齢ケアを訴求するものとなっており、当然のことながら、すべてが同社の通販事業部(2008年に通販事業室から組織変更)が研究開発部門である薬品第1研究所とともに開発した自社開発・製造商品となっている。
 食事で摂った糖質をエネルギーとして消費することをサポートする「糖質習慣」、乳由来のラクトフェリンを特殊なコーティング技術により胃で分解させずに腸まで届ける「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」といった各商品に共通する特徴は、有用性に関する科学的なデータ、エビデンスが整っていること。価格帯は、例えば約30日分を目安としている「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」(90粒入)が6,150円(税込)と低価格を“売り”にする他社の同種商品と比較すると若干高めだが、有用成分の含有量が多く、高付加価値を実感できるなど、同社が長年にわたって築いてきた「ライオン」ブランドを名乗るに相応しい商品群となっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年2月号の記事