独自のコーディング・ガイドラインに基づくサイトづくりでSEO対策を強化

保険マンモス(株)

2005年8月の創業以来、インターネットによる生命保険・医療保険のマッチング事業を展開してきた保険マンモス(株)。同社では、コンテンツを大幅に拡充するなどしてポータルサイト「保険マンモス」への集客を強化。多くの相談案件を獲得するとともに、高い顧客満足度を実現している。

インターネットによる生命・医療保険のマッチング事業のパイオニア

 2005年8月の創業以来、インターネットによる生命保険・医療保険のマッチング事業を展開する保険マンモス(株)。同社では、ポータルサイト「保険マンモス」への集客を事業の成否を左右する重要なミッションと位置付けており、さまざまな手法の組み合わせによって、集客の質と量の最適化を図っている。
 同社のビジネスモデルは、生命・医療保険に関する無料相談を希望する、保険商品購入の見込客をポータルサイト「保険マンモス」に集客して、申し込みフォームから希望の条件を入力してもらい、その情報を同社と提携しているファイナンシャル・プランナー(FP)に有料で紹介するというもの。提携FPは800名近くに及んでおり、全国各地の見込客に対応できる体制を整えている。
 同社のビジネスの根幹には、「人生で2番目に大きな買い物である生命保険で、お客さまが失敗しないように適切な相談相手(FP)をご紹介したい」という起業時からの理念がある。この理念は、「保険マンモス」のコンテンツのたゆまぬ充実化や、生命保険・金融サービス専門職のうちトップクラスのメンバーで構成されるMDRT登録者をはじめとする、質の高い提携FPを数多く抱えるなどのかたちで具現化されている。この結果、同社が2010年7月に行った満足度調査では、「保険マンモス」を通じた無料保険相談が保険の見直しに役立つと思った人の割合は約96%に及んでいた。また、提携FPへの見込客情報の販売数も月間2,000件前後に上っており、類似のビジネスを展開する後発企業の追随を許さない状況だ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年11月号の記事