Webサイトを通じて安定した宿泊予約を獲得

(株)東急ホテルズ

日本全国で東急ホテル、エクセルホテル東急、東急インなどのブランドでホテル運営を行う(株)東急ホテルズでは、2000年代半ばから自社Webサイトを通じた宿泊予約の拡大に着手。SEMを中心とした集客とタイムリーなリニューアルなどを通じて安定した成果を獲得している。

2000年代半ばよりWebサイトを拡充し宿泊予約機能を強化

 東急グループのホテル運営会社として、2010年10月にオープンしたザ・キャピトルホテル東急をはじめ、日本全国で東急ホテル、エクセルホテル東急、東急イン、東急リゾート、ホテル東急ビズフォートなどさまざまなブランドの、提携ホテルを含む49ホテルを運営する(株)東急ホテルズ。同社では、Webサイトを通じてユーザー・見込客に、チェーンホテルの情報と利便性の高い宿泊予約システムを提供することで、チェーンホテルの利用促進を図っている。
 同社がWebマーケティングへの取り組みを本格化したのは2000年代初頭。開設当初のWebサイトの役割は、紙媒体に代わるチェーンホテルに関する情報発信が主であった。しかし、2000年代半ばにはOTA(オンライン・トラベル・エージェント)などの宿泊予約ポータルサイトが林立し、インターネットを通じた宿泊予約が一般化したことから、同社Webサイトでも宿泊予約機能を強化。さらに2006年には、PCサイトに加え、ケータイサイトを立ち上げ、現在に至っている。
 ちなみに同社の宿泊予約全体においては、外部の宿泊予約ポータルサイトを含め、インターネットを通じた予約が約40%を占めており、そのうち12~13%が自社Webサイトによるもの。インターネット経由の予約が全体に依然増加傾向にある中で、自社Webサイト経由の予約も徐々に増加している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年11月号の記事