楽天スーパーポイントを軸に積極的な利用促進キャンペーンを展開

楽天カード(株)

楽天カード(株)は、7,200万人以上の会員を有する日本最大のインターネット・ショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天(株)の子会社である。同社は、楽天市場のポイントプログラムである「楽天スーパーポイント」を活用した入会および利用促進キャンペーンに力を入れており、 クレジットカード会社の中でもひときわ高い稼働率を誇っている。

カード会社として屈指の高稼働率を実現

 2005年6月、九州を地盤とする信販会社の国内信販(株)へ楽天(株)が出資を行い、楽天KC(株)に社名変更して楽天カード事業を開始。さらに2011年8月には、(株)あおぞらカードを前身とする楽天クレジット(株)が、楽天KCの楽天カード部門を事業継承し、楽天カード(株)に商号変更して今日に至っている。
 楽天がカード会社を買収した背景には、加盟店手数料の収益に加え、帰属意識の高い会員を取り込めるクレジットカードとポイント制度を軸に、楽天市場をはじめとするグループ全体のシナジー効果を狙おうという戦略があった。
 同社では、楽天市場をはじめとするネットショップやリアル店舗の利用により「楽天スーパーポイント」が貯まる「楽天カード」(年会費永年無料)、「楽天プレミアムカード」(年会費1万500円)を発行。また、ごく一部の優良会員を対象に、インビテーション(招待)制の楽天ブラックカード(年会費3万1,500円)も発行している。
 近年、規制強化が進んできた貸金業法への対応など、クレジットカード事業をとりまく環境は厳しくなっているが、楽天カードの会員数は順調に推移。過去1年以内にカードを利用したアクティブな会員の割合は、クレジットカード業界でも最高レベルを誇っている。また、空港ラウンジが無料となる「プライオリティ・パス」などの特典がある楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードについては、さらに稼働率が高いという。
 利用者からの評判も高く、4月12日に公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会が発表した「平成22年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、2年連続でクレジットカード部門顧客満足度第1位の評価を獲得している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年9月号の記事