新規会員獲得キャンペーンで既存会員の利用も促進

(株)セブン・カードサービス

セブン&アイHLDGS.グループの(株)セブン・カードサービスでは、電子マネー「nanaco」事業において、セブン-イレブン、イトーヨーカドーなどの加盟店店頭を中心に各種施策を展開。新規会員獲得に加えて、全国約1,500万人にも及ぶ既存会員の利用促進に取り組んでいる。

セブン&アイHLDGS.グループの電子マネー

 「nanaco」は、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、そごう・西武などを擁する日本最大の流通グループであるセブン&アイHLDGS.グループのカード会社、(株)セブン・カードサービスが発行する電子マネーだ。
 クレジットカード「アイワイカード」事業などを手掛ける同社が、「セブン-イレブン」約1,500店でnanacoの発行を開始したのは2007年4月。翌5月にはセブン-イレブン全店約1万1,730店でのサービスを開始し、同年10月には早くも発行件数500万件を突破した。
 翌2008年3月には「イトーヨーカドー」、同6月にはファミリーレストラン「デニーズ」、2009年3月にはレストラン「ファミール」「ファミールコート」「パスタランテ」、ラーメン店「芝のラーメン屋さん」、さらには2010年10月にはそごう・西武の食品売場と、グループ内の多くの店舗での利用を可能とするほか、2009年6月にはヤマト運輸(株)の直営店窓口での取り扱いを開始するなど、グループ外の加盟店も拡大しつつある。なお、nanaco事業は、ビジネスモデルとしては会員のnanaco利用に応じて加盟店運営企業から手数料を徴収する手数料型ビジネスであるが、便利な決済手段の提供によってグループの本業である流通サービス事業をサポートするという役割も担っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年9月号の記事