老若男女あらゆる層の来店・利用促進を目指し多層的な施策を展開

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)

日本全国約1,400店舗でDVD・ブルーレイ、CDのレンタル・販売や書籍・ゲームソフトの販売などを手掛けるTSUTAYAでは、クーポン、プレゼント・キャンペーン、店頭品揃え企画など、さまざまな施策を組み合わせて展開。老若男女合わせて約3,700万人にも上るT会員の来店・利用促進を図っている。

日本の総人口の1/3近くをカバーするTカード

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)が直営・フランチャイズにより全国で約1,400店舗を展開するTSUTAYA。同店はDVD・ブルーレイ、CDのレンタルショップとしてのイメージが強いが、現在では、DVD・ブルーレイ、CD、書籍、ゲームソフトの販売なども行う複合型店舗の展開が中心だ。約90%がフランチャイズにより運営されているTSUTAYAの店舗網は、47都道府県に広がっている。ほぼ人口分布に比例して日本全国をカバーしている状況となっている。
 カルチュア・コンビニエンス・クラブでは、2006年、TSUTAYAのレンタル会員証「Tカード」をベースとするポイントプログラム「Tポイント」を業種横断型の共通ポイントプログラムとして事業化。2011年7月現在、TSUTAYAおよびファミリーマート、カメラのキタムラなどの提携先企業での発行分を合計した名寄せ後のT会員は約3,700万人に上っている(ただし、提携先で発行されたカードでTSUTAYAのレンタルサービスを利用する場合は、別途、レンタル用登録が必要となる)。年代別に見ると特に若年層で加入率が高く、20代では約50%が加入している状況であるが、近年では高齢層の会員も増加傾向にある。また、男女比もほぼ1:1となっていることから、同社としても基本的には特定の層をターゲットとするのではなく、老若男女、あらゆる層への訴求を目指したマーケティング戦略を展開している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年9月号の記事