コミュニティー・サイトを通じて100万人を超える会員に写真の楽しさを訴求

オリンパスイメージング(株)

オリンパスイメージング(株)では、同社のデジタルカメラ・ユーザーを対象に写真投稿コミュニティー・サイト「フォトパス」を運営。「写真を通じて会員同士のコミュニケーションを広げ、写真をより楽しんでもらう」ためのサポートを通じて、会員のロイヤルティの向上を図っている。

月間3万枚前後・累積80万枚以上の写真投稿

 オリンパスグループで、デジタルカメラ、ICレコーダーなどの製造・販売を手掛けるオリンパスイメージング(株)では、2007年3月から同社のデジタルカメラ・ユーザーを対象に写真投稿コミュニティー・サイト「フォトパス(fotopus.com)」を運営。同サイトを通じてさまざまなサービスを提供することで、同社のデジタルカメラ・ユーザーのカメラライフをサポートしている。
 フォトパスは、「写真を通じて会員同士のコミュニケーションを広げ、写真をより楽しんでもらう」ことがコンセプトとなっており、写真を投稿したり、投稿された写真に対してコメントを書き込んだりすることが基本的な機能となっている。閲覧は誰でも可能であるが、写真の投稿やコメントの書き込みなどを行うためには、サイト上で同社デジタルカメラのユーザー登録を行い、無料の「スタンダード会員」、または有料(入会金735円、年会費2,940円)の「プレミア会員」としての登録を行うことが必要となる。
 フォトパスでは運営開始以来、順調に会員を拡大しており、2011年2月現在では会員数が100万人を突破している。特に最近では、写真ブームの広がりを背景に従来比較的少なかった若年層や女性の会員が増加。写真投稿も活発に行われており、投稿枚数は月間3万枚前後、累積では80万枚以上にも及んでいる。ちなみにフォトパスでは会員1人の1日の投稿枚数を10枚までに制限しているが、ほぼ毎日10枚ずつ投稿している会員も存在するとのことだ。また、それらの写真に対するコメントの書き込みも盛んで、1日平均3,000件前後の書き込みがなされている。

1104C31 1104C32

フォトパス(fotopus.com)にはコミュや添削サービスなど多彩なメニューが用意され、日々、活発な書き込み、投稿が行われている

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年4月号の記事