高機能化するモバイル端末を活用したゲームとプロモーションを合体

(株)電通

(株)電通では、生活者とクライアント企業を結ぶプロモーションの新手法の一環として、iPhoneを虫とり網にして街を飛ぶ蝶をキャッチするアプリ「iButterfly」を開発。2010年1月からは実証実験を展開し、最新情報ツールを通じたプロモーションの可能性を検証している。

iPhoneを虫とり網にして街を飛ぶ蝶をキャッチ

 (株)電通では2010年1月、iPhoneのモーションセンサー機能やGPS機能を活用することにより、通常の電子クーポンに、AR(拡張現実)や位置情報ゲームなどのエンターテインメント性を付加させたアプリ「iButterfly」を無料公開。このアプリを使った新しいプロモーション手法の実証実験を開始した。
「iButterfly」の基本的な仕組みは、アプリを立ち上げてiPhoneのカメラをのぞくと画面に映る街に蝶が飛んでいるのが見え、iPhoneを虫とり網のように軽く振ると、その蝶を捕まえられるというもの。蝶の中にはクーポンや待ち受け画面などのコンテンツを運んでいるものがあり、蝶を捕まえたユーザーはそのコンテンツやクーポンを利用することができる。蝶はiPhoneのGPS機能によってもたらされる位置情報に応じて表示されるため、“場所”にひも付けて飛ばすことが可能となっている。
 大画面・高解像度・タッチパネル対応のモバイル端末が急速に普及する中、電通ではモバイル端末を活用した生活者とクライアント企業を結ぶプロモーションの新手法開発に注力しており、「iButterfly」の実証実験はその一環である。
 開発に当っては、未来の広告コンセプトを提示することを念頭に新しい技術を積極的に活用した。例えば、「街に蝶が飛ぶ」仕組みは、iPhoneのGPS機能とARを組み合わせたものであるし、iPhoneを虫とり網に見立てて蝶を捕まえる仕組みは、iPhoneの特徴とも言えるモーションセンサー機能を活用したものである。従って、この実証実験はセンサーの固まりとも言えるモバイル端末をいかにプロモーションに活用できるかを検証し、アピールするための試みであるとも言えるだろう。
 なお、「iButterfly」はプロモーションへの活用を意図して開発されたアプリであるが、数多くのユーザーに楽しんでもらう中で、自然なかたちでプロモーションを行うことを意識。クーポンやコンテンツなどとはひも付かない数多くのユニークな蝶を飛ばし、捕まえた蝶を図鑑にコレクションしたり、ほかのユーザーにプレゼントしたりできるようにするなど、エンターテインメント性についても十分な配慮が行われている。さらに、公式サイトを設け、使い方の説明やニュースの配信などを行うほか、Twitterによる情報発信なども実施。ユーザーがTwitterアカウントを設定すると、コレクション詳細ページにTwitterボタンが表示され、ボタンをタップするとその蝶についてつぶやくことができる機能なども盛り込んだ。そのほか、蝶にポイントを付与し、獲得したポイントのランキングを公式サイト上で発表する仕掛けなどによって、ユーザーの積極的な利用を促進している。

1101C31 1101C32

画面に映る蝶を、虫とり網(iPhone)で捕まえる

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年1月号の記事