AR(拡張現実)を営業活動の品質向上に活用

(株)内田洋行

オフィス関連事業、教育関連事業、情報関連事業を手掛ける(株)内田洋行では、AR(拡張現実)を自社の営業活動に役立てるとともに、外部企業にソリューションとして提供しようとする試みもスタート。今後は、さらに技術の高度化を図りつつ、活用範囲の拡大に取り組んでいく意向だ。

多様な分野でARを活用

 1910(明治43)年に事務機を扱う貿易会社として創業し、100年を経た現在ではオフィス空間のデザイン・設計などの「オフィス関連事業」、学校教育市場への教育機器・教材・コンテンツの製造・販売、ICTシステム構築などの「教育関連事業」、民間企業・公共団体向けの基幹業務をはじめとするコンピュータソフトウエアの開発・販売・システムインテグレーション・サービスなどの「情報関連事業」を手掛ける(株)内田洋行。同社ではマーケティング本部次世代ソリューション開発センターを中心にAR(拡張現実)のマーケティング活用を推進している。
 同社ではARを用いたビジネスの展開に積極的に取り組んでおり、例えば教育関連事業においては、社会科(地理)の分野で児童にその概念がなかなか理解されづらい“等高線”に関して、Webカメラで等高線を記したボードを撮影するとモニター上にその等高線が意味する山などの地形のCG(コンピュータグラフィックス)が表示されるシステムをはじめ、理科の分野で1体5万~20万円程度と高価な人体模型や骨格模型をモニター上で立体的に表示するシステムなどを開発している。
 マーケティング分野への活用は、このような活動を通じて培われた高水準のARを、対応分野を拡大することによってさらに有効に使っていこうとするものである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年1月号の記事