わかりやすくて安い、便利な生命保険でファミリー層を中心に顧客を獲得

ライフネット生命保険(株)

ライフネット生命保険(株)は、生活者にとってわかりやすく、かつ高品質な生命保険商品を提供するという理念の下、インターネットを販売チャネルとして、従来の生命保険会社とは異なる手法で定期死亡保険と終身医療保険のみを販売。会社設立以降、競合他社にはない商品力を強みとして急速に契約数を伸ばしている。

インターネットの活用とシンプルな商品設計でわかりやすく安価な生命保険を提供

 2008年4月、日本国内において実に74年ぶりに、独立系の生命保険会社が誕生した。ライフネット生命保険(株)である。同社は相互扶助という生命保険の原点に立ち返り、「どこよりも正直な経営を行い、どこよりもわかりやすく、シンプルで便利で安い商品・サービスを追求する」という理念の下に設立。同年5月よりインターネットによる生命保険の販売を開始した。
 取扱商品は、保険期間が10・20・30年と65歳まで・70歳までの5種類ある定期死亡保険と、終身保障の医療保険の2つ。死亡保険は、500万円から1億円まで選択でき、死亡または死亡に準ずる高度障害に陥った場合に保険金が支払われる。医療保険は、一泊以上の入院から保障。給付金額は、入院1日につき5,000円、1万円、1万5,000円の3種類を用意しており、10万円の手術給付金の有無とともに、家族構成などに応じて必要な金額を選択することができる。いずれも特約や配当金・解約返戻金のない、シンプルな設計が特徴。最低限必要な保障だけを提供するシンプルな商品をインターネットで販売することで、運営費など保険料に付加される手数料を限りなく低減し、業界最低水準といわれる安さを実現しているのだ。同社の商品は、従来の保険商品に対して多くの生活者が抱いていた「複雑でわかりにくい」「(保険料が)高い」というイメージを払拭したといえよう。
 また同社では、20~30代の子育て世代をメインターゲットに設定。平均所得が減少している中、育児費を必要とするファミリー層に必要な保障を割安な保険料で提供することで、既存の生命保険会社が満たすことのできなかったニーズに対応し、新たな市場を形成しようとしているのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年3月号の記事