こだわりの商材と積極的なメルマガの活用で不況下でも過去最高益を実現

セレクチュアー(株)・アンジェweb shop

セレクチュアー(株)が運営する「アンジェweb shop」は、国内最大のインターネット・ショッピング・モールである楽天市場インテリア部門において、9年連続Shop of the yearに選ばれている。顧客層を強く意識した商品群と、ネット専業でありながら細やかな気配りに満ちた応対がリピーターを呼び、今年度は過去最高益を記録する見通しだ。

テスト・マーケティングの成功によりネット通販に参入を果たす

 国内最大手のインターネット・ショッピング・モールである楽天市場インテリア部門において、9年連続Shop of the yearに輝く「アンジェweb shop」を運営するセレクチュアー(株)。同社は、Yahoo! ショッピングや自社サイトでもネット・ショッピングを展開、2008年度の売上高は約17億8,000万円に達している。サイトごとの売上高構成比では、楽天が90%、Yahoo! が9%、自社サイトが1%程度とモールが大勢を占めているが、ここ1年で自社サイトが2倍に伸びており、伸び代を感じているとのことだ。
 同社のルーツは、1930年に京都市西陣で創業した(株)ふたば書房であり、当初は書籍・文房具を扱っていた。1993年には、新規事業としてインテリア・ライフスタイルショップのリアル店舗「アンジェ」をオープン。以降、関西圏を中心にリアル店舗のみでビジネスを展開してきたが、ITバブル絶頂期の直前に当たる2000年、インターネット人口の飛躍的な伸びを受けて、ネット・ショッピングの試行を開始した。
 具体的には、同年の3月と4月、Yahoo! オークションにふたば書房で取り扱っていた文房具とアンジェで取り扱っていた雑貨を出品。あくまでテスト的な出品だったにもかかわらず結果は良好で、それぞれ50万円ほどの売り上げを達成した。これを受けて、同社ではインターネットが新たな販売チャネルになり得るとの確信を持ち、EC事業部を立ち上げ。アンジェブランドを扱うサイトを同年7月には楽天市場に、2002年12月にはYahoo! ショッピングに開設した。その後2005年には、このEC事業部のみを切り離すかたちで独立させ、ネット通販を専業とするセレクチュアーを設立、2008年10月には自社サイトによる通販もスタートさせている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年3月号の記事