動物と触れ合える非日常性の演出と顧客目線を意識した改善がリピートを促進

(株)マザー牧場

1962年に創設した(株)マザー牧場は、近年レジャー施設がますます多様化していく中、ファーム系テーマパークとして、首都圏のレジャー施設の中でも高い人気を維持している。定期的な牧場施設の設備投資、2イヤーズ・パス、近隣施設との連携など、リピート促進に向けての同社の施策を紹介する。

顧客の思い出づくりに寄与する体験型レジャー施設

 (株)マザー牧場は千葉県富津市にあり、牧場をテーマとするファーム系テーマパークとして、首都圏では名の知られたレジャー施設だ。同牧場は東京タワーを経営する日本電波塔グループの観光牧場であり、産経新聞や東京タワーを創業した実業家・政治家であった前田久吉氏が、千葉県鹿野山一帯の地域開発と社会還元の一環として1962年に開設した。マザー牧場という名称は、牛が飼えず貧しかった幼少時の母の苦労に感謝し、亡き母に捧げる牧場という気持ちを込めて名付けられたという。
 同牧場のキャッチフレーズは「花と動物たちのエンターテインメントファーム」。鹿野山に広がる東京ドーム約60個分の広大な敷地に、ウシをはじめヒツジ、ウマ、ブタなどさまざまな動物が飼育されている。また、関東最大規模の菜の花畑に加え、サクラ、サルビア、コスモス、アジサイなど四季を通じてさまざまな花が観賞できるほか、花摘みや味覚狩り、体験工房など各種体験もできるレジャー施設牧場となっている。
 同牧場の入場者数は天候に大きく左右されるが、土日祝日では1日当たり4,000~5,000人。花の開花する初春や夏のイベント時期は1日平均1万人前後、5月の大型連休期間は1日平均3万人と年間を通じてのピークを迎える。年間入場者数は約90万人で、そのうちの約20万人が団体客とのこと。
 入場者属性は、ファミリー層を中心に若年層や中高年層など幅広い世代をカバーしており、近年は体験型レジャー施設としての特徴から、首都圏の学校関係の遠足先として常に人気を博している。同牧場では、場内におけるさまざまな体験が、口コミを促進すると同時に、リピーターづくりにつながっていると認識している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年8月号の記事