子どもたちに働く喜びと報酬を与え、継続的な利用を促す

キッザニア東京 (株)キッズシティージャパン 

キッザニアは、子ども向けの職業・社会体験テーマパークのパイオニア。メキシコで誕生し、世界に展開中のキッザニアだが、東京には2006年に上陸。50以上のパビリオン、80以上のアクティビティが入った施設は、あらゆる職業が詰まった、まさに“小さな街”。子どもたちが目を輝かせながら憧れの仕事にチャレンジする姿を見ることができる。

子どもたち自身が運営する“小さな街”とは

 1999年、メキシコで第1号となる施設がオープンしたキッザニア。現在では子ども向け職業・社会体験型テーマパークのパイオニオとして世界に進出している。日本では、2006年10月にキッザニア東京が、2009年3月にはキッザニア甲子園がオープンし、(株)キッズシティージャパンが運営に当たっている。同社では、成功を収めているメキシコでの運営システムをベースにしつつ、独自の工夫を付け加えて、日本に合った施設運営を行っている。同社が目指しているのは、日本の将来を担う子どもたちが、これからの実社会で生きる力を育むための体験と学びの機会を提供することである。
 キッザニア東京は、江東区豊洲のららぽーと豊洲内にあり、約1,800坪の施設内には50以上のパビリオンが入り、80以上のアクティビティ(仕事)が行われている。施設内の設備は子どもの体に合わせ、すべてが約2/3の大きさとなっており、設備の豊富さと相まって、さながら“小さな街”と化している。なお、各パビリオンは、その業界を代表する大手企業がスポンサーとなり、設備や機材などをサポートしている。
 入場者数は2007年度が約93万人、2008年度が約91万6,000人、今年度は長引く不況や新型インフルエンザの影響を受けたため、前年度を下回るとみている。しかし、施設開設当初は年間50万~70万人の入場者を想定していたことから、事業としては順調に推移していると言えそうだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年8月号の記事