保険代理店スタッフの“スキル”と“知識”の強化と均質化を図るeラーニング研修を実施

アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

「がん保険」をはじめとする“生きるための保険”の日本におけるパイオニアであり、リーディング・カンパニーであるアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)。同社では2008年1月から、保険代理店スタッフの“スキル” と“知識”の強化と均質化を目的とするeラーニングをベースとした研修カリキュラム 「てっぺん塾」を運用している。

“生きるための保険”のリーディング・カンパニー

 1974年に日本での営業を開始したアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)。同社は「がん保険」をはじめとする“生きるための保険”(第3分野の保険)の日本におけるパイオニアであり、リーディング・カンパニーでもある。1974年、日本での営業開始とともに「がん保険」を発売。その後、がん医療の進化や時代のニーズにこたえた先駆的な「がん保険」を次々と発売。また、1985年には、世界初の「痴ほう介護保険」、2002年には終身医療保険「EVER」を発売。近年にはがんをはじめとする三大疾病保障と万一の際の死亡保障を同時に確保できる、一時払三大疾病保障保険「三重奏」、業界トップの利回りを誇る「アフラックの夢みるこどもの学資保険」を発売するなど、常に時代のニーズに合った商品を開発し続けている。
 営業体制については創業以来「アソシエイツ(販売代理店)制度」を採用しており、お客さまと同社を結ぶ強力なパートナーとして、商品・サービスの提供を行っている。全都道府県に設置している81の支社が全面的にアソシエイツをサポートしており、2009年3月末現在、1万8,682店のアソシエイツが登録している。
 一方、同社はCSR活動にも積極的に取り組んでおり、特に社会貢献活動では、小児がんなどの難病による長期入院や通院治療のため、遠隔地の自宅を離れ、専門病院が集中する都内に滞在する子どもたちとその家族の経済的・精神的負担を軽減することを目的とした日本初の総合支援センター「アフラックペアレンツハウス」の運営を支援。また、がんで家庭の主たる生計維持者を亡くし、経済的理由から修学の機会が狭められている高校生のための奨学金制度「公益信託アフラックがん遺児奨学基金」への運営支援、さらには、小児がんの子どもたちを支援する「ゴールドリボン運動」を推進するなど、「がん・医療」をメインテーマとした同社ならではのさまざまな社会貢献活動を展開している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年6月号の記事