人気のプランと商品の2本柱でさらなる口コミの活性化を図る

(株)ウィルコム

安心、安全で便利なネットワーク環境を提供しようと、1995年に事業を開始し、現在では国内で唯一のPHSによる通信サービスを提供する(株)ウィルコム。学生を中心に、文字通り口コミが口コミを呼び、顧客が顧客を呼ぶ好循環の形成に成功している。顧客による自発的な口コミや、顧客によるファンサイトの存在は、同社の商品やサービスの品質の裏付けといえるだろう。

口コミが発達した背景

 より快適で利便性の高い通信サービスとネットワークの提供を、ワイヤレスコミュニケーションを通じて実現したいという願いを込め、2005年2月に(株)DDIポケットから社名変更した(株)ウィルコム。1994年に企画会社を設立、1995年に事業を開始し、1997年に全国でほぼ一斉に64kbpsの高速通信のサービスを可能にしたことで、競合企業間で優位に立つことに。2001年にはパケットデータ通信の定額サービス(当時、最高32kbps)を開始し、モバイルデータ通信定額制を強みに、携帯電話との差別化に成功した。2008年には(株)NTTドコモがPHS事業から撤退したことで、日本国内でのPHSサービスでは唯一の企業に。直近の加入者数は9月末で458万6,500人に達している。
 「最終的に加入を決めたのはどんな情報によるか」という自社アンケートを行ったところ、「知人・友人・口コミ」の比率が同社を含めた競合4社の平均の2倍(23.6%)に達したことからもわかるように、元々口コミでの新規加入が多いのが同社の特徴である。他社と比べテレビなどの4大メディアへの広告出稿が少ないことが、逆に口コミを促進したと同社では分析している。
 ここ1年くらいの傾向では、大学サークルなどのメンバー数人で加入するケースが多く、口コミが口コミを呼ぶ、良い循環になっているという。新規加入における最初の入り口としては、インターネットや販売店の店頭などがあるが、知人・友人同士の口コミが広がっていったところがやはり大きい。特に、紹介キャンペーンの実施期間中は新規加入の10~20%が紹介による加入であり、同社では前述の「知人・友人・口コミ」同様、この数値においても他社に抜きん出ていると見ている。
 新規加入者の多い層は、①18~19歳を中心とした高校生・大学生など、②スマートフォン希望者、③リーズナブルな料金体系を求める30~40代――の3つに大別される。料金体系に加えて、他社と比較した場合に10分の1ほどでしかない低電磁波が妊婦などに受け入れられることもあるという。
 前述のように、元々口コミによる新規加入が多い同社だが、加入者数に大きな変化が表れたのが、「ウィルコム定額プラン」(以下、「定額プラン」)を開始した2005年5月以降である。このプランはウィルコム(ウィルコム沖縄を含む)の電話同士の音声通話定額制で、国内では初の24時間通話定額制サービスである(月額2,900円。eメールの使用料含む)。
 新規加入を牽引しているのが、メインのケータイとの併用で2台目として同社製品を利用する10代後半から20代であるが、同時に10代は同社製品をメインのモバイルツールとして使い始めた人たちも増えている。10代の顧客が増えた背景には、2008年2月に発売された同社製品「HONEY BEE」が広く受け入れられたことがある。「定額プラン」のサービスの良さに加え、製品のデザイン性を若者の趣向にマッチさせたことで、これが火付け役となり、口コミで高校生や大学生などに波及していったのである。

wx331kc_001 wx331kc_004

人気商品の「HONEY BEE」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年12月号の記事