お客さま視点で買い取り、販売の仕組みを構築 中古カメラ市場のシェアを拡大

(株)キタムラ  

1934年に高知県で創業し、現在「カメラのキタムラ」「カメラのきむら」などを展開する(株)キタムラ。同社では、2001年に「新宿中古買取センター」をオープンすると同時にWebサイトをリニューアルして、中古カメラ売買事業を本格的に開始した。当時、35億円だった売上高が、現在では60億円にまで成長。その裏には、お客さまの視点で作り上げた買い取り、販売の仕組みがあった。

新品と中古品の販売は対のビジネス

 あらゆるものがデジタル化される中で、カメラ市場は大きく様変わりした。現在、「カメラのキタムラ」「カメラのきむら」などを展開する(株)キタムラでは、こうした状況において市場の動向をいち早くとらえ、『デジカメ専門店』『プリント“超”専門店』の2本柱でデジタルのニーズに対応。“デジタル時代の写真生活提案企業”を目指している。
 すでに、カメラの主流はデジタルである。しかし、今でも1950年代、60年代のマニュアルカメラは根強い人気があり、高値で売買されている。カメラ業界では古くからある「下取り」「買い取り」のシステムによって中古カメラが流通しており、同社では、新品カメラと中古カメラの販売を合わせてカメラ事業と認識。メイン事業は新品カメラの販売とし、これに付随するかたちで、かねてより中古カメラ事業を行ってきた。
 同社が中古カメラ売買事業に注力し始めたのは、2000年に入ってから。デジタルカメラが主流になってもマニュアルカメラを愛用し続けるお客さまのニーズに応えていくことを目的に、2001年6月、「新宿中古買取センター」をオープンしたのである。続いて、札幌、大阪、福岡の3店舗内に買い取りセンターを設置。その後も拠点を拡大し、現在では全国に62の中古専門店を設けているほか、全国の「カメラのキタムラ」と「カメラのきむら」でも中古カメラの販売を担っている。
 また、「新宿中古買取センター」のオープンから2カ月後に、1998年より運営していた中古カメラ用Webサイトをリニューアルするかたちでnet-chuko.comを開設。旧サイトのスペック情報に本体の写真を加えることで、見やすく選びやすいサイト作りに努めた。同サイトでは、店舗ごとに商品を掲載しており、更新などの運営・管理も店舗ごとに行っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年10月号の記事