加盟店舗拡大と認知度アップで地域密着型サイトを目指す

夢の街創造委員会(株)

1999年の創業以来、ITを活用したデリバリー市場の発展を見越し、デリバリー総合サイト「出前館」を2000年にスタートさせた夢の街創造委員会(株)。現在では全国で約8,100店舗が加盟するデリバリー総合サイトに成長している。社名である「夢の街」に託した「あったらいいなというサービス」の実現を目指す、シンプルで無駄のないビジネスモデル、そして、その取り組みの現状を紹介する。

情報発信と出前オーダーの両立を可能に

 ライフスタイルの変化に伴い、1999年を境に、「食」ビジネスは外食産業と非加工食品の需要が減少に転じる一方で、中食(なかしょく)市場が規模を拡大。デリバリー市場についても、この10年間で年率約10%の伸びを示している。時を同じくして、1999年、デリバリー市場の伸びを想定した上で、それまで存在しなかったインターネットによるデリバリー・サービスを事業化しようと創業したのが、夢の街創造委員会(株)である。翌2000年10月には、デリバリー総合サイト「出前館」をオープン。これは登録会員がパソコンや携帯電話、後述するデジタルテレビ向けのポータルサービス「アクトビラ」などを通じて同社に出前を注文、同社が各加盟店に受注情報を伝達、実際の出前は各店舗が行う仕組みになっている。加盟店の負担は、数万円の初期費用と月々3,000円の掲載料、そして5%のオーダー手数料。宅配ピザ、宅配弁当を中心とした大手ナショナルチェーンのほとんどが加盟しており、現在、加盟店舗数は8,100店ほど。国内老舗のデリバリーサイトとして最大規模の店舗数を誇り、会員数は150万人を上回る。2007年度(2008年8月期)の売り上げは前期比35.5%増の10億円、利益は同28.8%増の3億円を見込んでおり、デリバリー市場の成長と足並みを揃えて、順調に成長を続けている。
 加盟店舗と登録会員という2種類の顧客を持つ同社。加盟店舗には、チラシを配布して電話で受注する従来の出前に比べ、販促のコストダウンが図れることに加え、受注時にかかる時間のロスや、受注時の電話を取り損ねた際などに生じる機会ロスの削減といったメリットも生まれている。インターネットで情報発信と受注の両方を行うことが可能な上、リピートオーダーが獲得でき、早めの顧客フォローも可能とあって、加盟店舗には好評のようだ。加盟に関する問い合わせも多く、月に約100店舗ずつ加盟店が純増するという人気ぶりである。現在では、「出前館」のほかに、テイクアウト予約受付専門サイト「予約館」、困ったときのお役立ち総合サイト「駆けつけ館」も運営する。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年8月号の記事