安易な事業拡大を避けて参加者の満足度向上に注力

(株)ハックルベリージャパン

(株)ハックルベリージャパンが北海道・ニセコのリゾートホテルと隣接する自社農場を拠点に提供している自然体験ツアーのキーワードは「本物」。地域社会との連携の中で自然の農業を中心とする本物志向のツアーを提供している。同社では今後もニセコ地区に限定した取り組みを継続し、ソフトのさらなる充実を図ることで、お客様の満足度を高めていく意向だ。

「本物」をキーワードとする自然のままのツアーを提供

 1986年に創業したスキューバダイビングのプロショップを母体に1990年に設立された(株)ハックルベリージャパン。同社は系列事業会社のひとつである(株)ハックルベリー北海道が運営する北海道・ニセコのリゾートホテル「ホテルJファーストニセコ」と隣接する自社農場「ハックルベリーファーム」を拠点に、通常の観光旅行商品とは一線を画した自然のままのツアーを提供している。
 「ホテルJファーストニセコ」が立地する北海道・ニセコ地区は、スキーシーズンには多くのスキー客で賑わう観光地であるが、それ以外の季節はオフシーズンとなり、休業する施設も多い。そんな中で同社が、2002年から年間を通じた滞在型ツアーとして提供しているのが自然を体験するツアーだ。
 同ツアーのキーワードは「本物」。近年、さまざまな食品偽装など、世の中にニセモノがはびこる中で、農作業体験などを通じて本物を感じてもらうことが大きなテーマだ。ツアー参加者は東京ドーム3個分、約4万坪の規模を誇るホテルJファーストの自社農場である「ハックルベリーファーム」で、専属スタッフの指導の下、野菜ファームでの植え付けや収穫などを実践でき、さらにホテルでは収穫した作物を使った料理を味わうこともできる。また、農場の一部(3坪)を1シーズン(5月~10月下旬)1万円で借り受け、レンタル・ファームとして家庭菜園のように利用することも可能だ(収穫期に来訪できない場合は、スタッフに収穫を代行してもらい、作物を送ってもらうこともできる)。いずれの場合も、種、苗、農耕機械、耕具など必要な資材は基本的に用意されており、また、農場レンタル以外では追加費用も発生しないため、ツアー参加者は気軽に本格的な農業を楽しむことができる。
 野外での農作物の収穫が難しい冬季でも温室での収穫ができ、また、年間を通じて酪農も可能である。
 なお、同社は日本航空と代理店契約を結んでおり、その取り扱い実績から、比較的有利な条件で航空便を確保することができている。そのメリットを活かし、東京、大阪からの航空便と組み合わせたリーズナブルな価格のパッケージ・ツアーとして提供されている点も同ツアーの特徴と言える。
 同社では「ホテルJファーストニセコ」の宿泊のお客様に対し、農業以外にも、ラフティング、熱気球、トレッキング、フィッシング、ホーストレッキングなどの各種オプション・メニューを用意しており、いずれも好評を博しているが、特に最近では農業の人気の高まりが顕著であるとのこと。「食の安全」が大きな社会問題となる中、「本物」の食品を求める生活者が増加していることが、その背景にあるようだ。

1471

東京ドーム3個分、約4万坪の規模をもつハックルベリーファーム

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年8月号の記事