外国人の住環境改善を目指し家賃保証サービスを提供

(株)グローバルトラストネットワークス

住宅賃貸の世界では、外国人は高齢者、フリーターとともに三大弱者と言われており、希望する住居を借りられずに不便を強いられているケースも少なくない。このような状況の改善を目指して、(株)グローバルトラストネットワークスが展開している事業が、外国人専門の家賃保証サービス「TRUST NET21」だ。同社では家主が安心して外国人を入居させるための完全サポート・サービスの提供を通じ、外国人の住居に関する不便の解消を図っている。

家主が安心して外国人を入居させるための完全サポート・サービスを提供

 日本社会では近年、グローバル化が進展する中で、外国人居住者が増加傾向にある。また、出生率の低下により、少子化、人口減少が進むことが避けられない状況の中、外国人労働者の積極的受け入れに関する論議も高まっている。しかし、外国人にとって日本は住みやすい国とは言い難い。事実上、国際共通語となっている英語が十分に通じない場所が多く、また、日本独特の慣習も多いからだ。しかし、それ以上に外国人の円滑な生活を妨げているのが、住居の問題である。
 住宅賃貸の世界では、外国人は高齢者、フリーターとともに三大弱者と言われている。言語の問題で十分なコミュニケーションが図れないことや、生活慣習の違いからトラブルが生じる可能性があることなどを理由に、外国人には物件を貸さないという家主が多いのだ。また、敷金・礼金や保証人が必要であることなど、住宅賃貸における日本独特の商慣習も、外国人が住居を借りる際の大きな障害となっている。このような要因から、一部のエグゼクティブ層を除けば、バスもトイレも共同のゲストハウスでの居住を余儀なくされるなど、住居に関して不便を強いられる外国人は多い。
 こうした状況の改善を目指して、(株)グローバルトラストネットワークスが展開している事業が、外国人専門の家賃保証サービス「TRUST NET21」だ。
 「TRUST NET21」は、外国人に住居を賃貸する家主に対して滞納賃料48カ月までを保証し、家主の賃貸収入の確保に関する不安を解消することが事業の根幹となっているが、単に金銭面での保証を行うだけでは、家主の外国人入居に関する不安は払拭されない。そこで、英語、韓国語、中国語など多言語に対応するスタッフが、入居契約時の審査の代行や、入居時のさまざまなレクチャー、さらに入居後のトラブル相談サービスを実施するなど、家主が安心して外国人を入居させるための完全サポート・サービスを行っている。
 サービスを提供するグローバルトラストネットワークスは、IT関連ビジネスやファッションビジネス、日本企業の海外進出コンサルティングなどさまざまな事業を手掛けてきた後藤裕幸氏により、2006年7月に設立された企業である。同氏が経営していた海外進出コンサルティング会社の韓国人社員が、自国ではエリートと言われる存在であったにもかかわらず、なかなか住居を借りることができなかったことなどから、外国人が日本で住居を借りることの大変さを知り、それを解消することが、外国人を助けるとともにビジネスとしても成り立つと考え、外国人を対象とする住宅賃貸の円滑化を促進する事業をスタートした。現在では「TRUST NET21」のほか、外国人専門の不動産賃貸仲介事業、外国人社員専門の社宅管理事業などを展開。日本における外国人の住環境改善のための総合的サービスを提供している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年8月号の記事