外部リソースを利用したネット販売を展開

(株)シップス

「共感と感動を送り続ける企業」として、その時代の“基準”となるトラディショナル・ファッションを提案し続ける(株)シップス。同社では顧客の対応を直接感じることができる直営店舗での販売にこだわってきたが、2005年秋、「ZOZOTOWN」での販売を開始したことを皮切りに外部のショッピングサイトでの販売に着手。店舗販売を通じて築いた企業・ブランドイメージを崩さないかたちでのネット販売を展開している。

“Stylish Standard”をコンセプトに時代の基準となるトラディショナル・ファッションを提案

(株)シップスの起源は1952年、東京上野アメ横に開店したMIURAにさかのぼる。当初は米軍払い下げ衣料などを取り扱っていたが、1970年に現在も代表取締役社長を務める三浦義哲氏がカジュアル衣料品の米国からの輸入を開始した。その後、1975年5月に(有)ミウラを設立し、MIURA&SONS渋谷店を開店。1977年10月にはSHIPS銀座店を開店、オリジナル商品の開発を開始し現在の基礎を築いている。
 1987年11月には有限会社から株式会社に改組するとともに、社名も現在の「シップス」に変更。その後も事業規模、店舗網を徐々に拡大し、現在に至っている。なお2008年2月期の売上高は213億6,000万円となった。
 欧米の服飾文化を日本に伝えることからスタートした同社の基本的なコンセプトは“Stylish Standard”。「共感と感動を送り続ける企業」として、その時代の“基準”となるトラディショナル・ファッションを提案することを事業の根幹としている。
 同社では設立以来、直営にこだわった店舗展開を行っている。現在展開している店舗・商品ブランドは、大人のための高感度・高品質のファッションを提案する「SHIPS」、今の時代のストリートスタイルに目を向けた流行発信型レーベル「SHIPS JET BLUE」、パーティー・ファッションを提案する「ships little black」、団塊ジュニアのファミリーをターゲットにシップススタイルを提案する「SHIPS KIDS」など。さらに2007年春にはファッション感度の高い女性に「ビター&スイート」をキーワードに大人のカジュアルを提案する「Ladore ships」、シンプルな価値観を持った20代後半から30代の女性の日常着を提案する「liflattie ships」を開店するなど、新たな店舗ブランドの開発にも積極的だ。なお、主力の「SHIPS」では20代半ば~40代前半の男性と20代半ば~30代前半の女性、「SHIPS JET BLUE」では20代前半の男性が主なターゲットとなっている(「SHIPS JET BLUE」は2008年秋からメンズ&ウィメンズ複合型に移行予定)。

P1020240

シップス銀座店

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年5月号の記事