主力のスーツで生産から販売まで10カ月 常時20パターンの型紙で顧客の細やかなニーズに応える

青山商事(株)

都会の若いビジネスパーソンを対象に、洗練された「仕事服」を提供する青山商事(株)のTHE SUIT COMPANY(以下、スーツカンパニー)。同社がネット販売を開始したのは2002年から。現在では、ネット上でも店舗と同じ商品を取り扱っており、その売上高はリアル店舗のほぼ1店舗分。ネット顧客の80%前後は、リアル店舗での購買経験者となっている。

最初の3年で売上目標を順当に達成

 スーツカンパニーの第1号店は、古くからの老舗が立ち並ぶ日本橋にある。ビジネス街に近く、ステイタスの高い地域である。
 2000年10月、「洋服の青山」があったところにパイロットショップとして開店。半年間の試行を経て、2001年に正式に開業し、2008年度で8期目を迎えた。
 当初の目標は、最初の3年間で20店舗・100億円の売上げを上げること。同社では2003年度までにこれをクリアし、以降、順調に業績を伸ばしてきた。現在、全国に30店舗を展開。2007年度には1店舗当たり約7億円の売上高を達成している。

TSC外観2

THE SUIT COMPANYのリアル店舗

 スーツカンパニーの店舗の売場面積は、100~300坪で、150~170坪が主流。取扱商品はスーツ、ジャケット、パンツ、シャツのほか、ネクタイ、靴、かばんなどである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年5月号の記事