野球観戦における新たな楽しみ方を提供し東京ドームなどの球場への来場促進を図る

(株)読売巨人軍

(株)読売巨人軍では、これまで把握できていなかった来場者のプロフィールを把握するための試みとして、2007年シーズンからポイントプログラム「G-Po(ジーポ)」をスタートさせた。「G-Po」により野球観戦における新たな楽しみ方を提供することで、東京ドームなどの球場へのリピート来場の促進を図っている。

来場ポイントとゲームポイントを組み合わせたユニークなポイントプラグラムを展開

 プロ野球球団「読売ジャイアンツ」を運営する(株)読売巨人軍。同社では、2007年シーズンから、球場での野球観戦における新たな楽しみ方を提供するポイントプログラム「G-Po(ジーポ)」をスタートさせた。
 読売ジャイアンツは、日本のプロ野球を代表する人気球団。ジャイアンツ戦のチケットは入手困難であり、その主催ゲームは満席が当然という時代が長く続いていた。しかし昨今では、プロ野球全般の人気が低下傾向に陥ったことにより、ジャイアンツ戦といえども必ずしも満席にはならなくなり、実際、2005年シーズンと2006年シーズンを比較しても、観客動員数は減少傾向にあった。このような状況の中で、今後の観客動員策を検討すると同時に、実際に球場に足を運んでくれるファンを増やすため、これまで把握できていなかった来場者のプロフィールを把握するための試みとしてはじめられたのが「G-Po」である。プロ野球では、言うまでもなく試合自体が最大のコンテンツであるが、さらにその魅力を増し、リピート来場を促すコンテンツとして、ポイントプログラムを用意したのだ。
 2007年シーズンを通じて展開された「G-Po」の基本的な仕組みは、まず、入会金・年会費無料で会員を募集。会員が東京ドームで行われる読売ジャイアンツの主催ゲームに来場し、会員カードをカードリーダーにかざすと、平日20ポイント、日・祝日10ポイントの来場ポイントを付与。さらに来場した試合の内容によって、ジャイアンツ選手の「ヒット」1本につき1ポイント、「ホームラン」1本につき3ポイント、「盗塁成功」につき2ポイント、投手の「三振奪取」につき1ポイント、ジャイアンツの「得点」が入るたびに2ポイント、ジャイアンツが「勝利」した場合20ポイントといったゲームポイントを付与し、累積ポイントが最低200ポイントから最高1,500ポイントまで9段階に設定したポイント数に達すると、次回来場時にジャイアンツ選手をモチーフにしたピンバッジセット(3個)がプレゼントされるというもの(一部の商品については、シーズン終了後郵送)。さらに、シーズンを通じて各会員専用のWebページ「MY G-Po」で自分のポイントランキングを確認できるようにし、最終的な上位入賞者にはスタジアムジャンパー(1~10位)、ウインドブレーカー(11~20位)、ジャージ(21~100位)、エンブレムワッペン(101~200位)を贈呈。また、その時点において一定以上のポイントに達している会員のみを対象に、「スイートルームでの観戦」「バックネット裏席のペアチケット」「エキサイトシート」等が当たる抽選を実施するなど、会員のポイント獲得欲を刺激する試みも随時行った。
 会員とのコミュニケーションについては、月2~3回程度メールマガジンを配信。また、「MY G-Po」で獲得ポイント数や自分が来場した試合の勝率などを確認できる仕組みも作った。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年3月号の記事