ドライブサポートの向上を図り高速道路利用時の利便性とおトク感を実現

東日本高速道路(株) 

2006年12月、東日本高速道路(株)は、三菱UFJニコス(株)との提携により、オフィシャル会員カードとして高速人CARD「E-NEXCO pass(イーネクスコパス)」の発行を開始。同カード会員を対象に、独自のポイントプログラム「E-NEXCOポイントサービス」を展開している。

ドライブサポート関連事業の一環として高速人CARD「E-NEXCO pass」事業を実施

 2005年10月、日本道路公団の分割民営化に伴い発足した東日本高速道路(株)(以下、NEXCO東日本)。同社は、東日本全域で営業延長3,428km(2008年1月1日現在)にも及ぶ高速道路の管理運営を中心とする事業を展開する。2006年12月には、UFJニコス(株)(現:三菱UFJニコス(株))との提携により、オフィシャル会員カードとして高速人CARD「E-NEXCO pass(イーネクスコパス)」の発行を開始、独自のポイントプログラム「E-NEXCOポイントサービス」を展開している。
 「E-NEXCO pass」は、“非接触型ICカード決済サービス(Visa Touch、またはSmart plus)を搭載したクレジットカード”と“ETCカード”を組み合わせたもの。希望により携帯電話の決済機能の利用も可能である。そして、このカードの最大の特典である「E-NEXCOポイントサービス」は、毎月のカード利用について、通常の利用200円ごとに1ポイント(1円相当)、ETCおよびNEXCO東/中/西日本のSA・PA(一部店舗を除く)での利用には200円ごとに2ポイントを付与し、貯まったポイントを高速道路の通行料金(申請により1,000ポイント=1,000円単位で利用可能)、または、NEXCO東日本のSA・PAでの買い物などの代金(1ポイント=1円相当から利用可能)として利用してもらうというものだ。カード自体の利便性とポイントサービスにより利用者サービスを向上し、ひいては高速道路の利用促進、ETCの利用促進につなげることが「ENEXCOpass」事業の目的となっている。
 なお、「E-NEXCO pass」事業は、NEXCO東日本にとって、快適な高速道路利用をサポートするドライブサポート関連事業のひとつとして位置付けられており、事業開発部新規事業課が担当部署となっている。そもそも、民営化前の日本道路公団では、高速道路のインフラ整備・管理関係に主眼が置かれており、ドライブサポート関連については、民間事業者主導で実施されることが多かった。しかし、民営化後については、インフラ整備・管理関係を土台として、民間事業者との積極的な連携によるドライブサポート関連事業を展開しており、高速道路のポータルサイト「E-NEXCOドライブプラザ」を運営したり、旅行会社との共同企画によって周遊型のETC企画割引(一定区間内を固定料金で2日間乗り降り自由)を実施したりするなど、数々の新たな試みを行っているが、「E-NEXCO pass」事業もその一環と言えよう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年3月号の記事