ネット社会の進展を見越し全国の生協に先駆けてネット販売に参入

パルシステム生活協同組合連合会

パルシステム生活協同組合連合会は、1都8県にある10の生協から構成されるグループだ。パルシステムでは、2000年3月から、全国の生協に先駆けて一部地域で「オンラインパルサービス」を開始。2001年7月から、全エリアでネット注文のサービスを本格的にスタートした。年間売上高は400億円に迫り、「食品など日配品を主軸としたネット販売」というカテゴリーでは国内最大クラスを誇るまでに成長している。

激化する流通競争で優位を確保すべくいち早く本格参入に踏み切る

 「オンラインパルサービス」は、関東地方およびその隣接県にある10の生活協同組合が展開する宅配サービス「パルシステム」の「インターネット版」である。その規模は年間売上高(正式には「受注金額」)400億円に迫り、「食品など日配品を主軸としたネット販売」というカテゴリーでは国内最大クラスを誇る。
 1990年、全国の生協に先駆け「個人宅配」を始めたパルシステムは、1週間サイクルの宅配システム。組合員が“紙”の注文用紙を使って発注すると、1週間後に商品と翌翌週分の商品カタログを配達すると同時に、翌週分の注文書を受領する仕組みである。生協だけに、宅配業務を自前で行う点も大きな特徴だ。
 「オンラインパル」は、端的に言うなら、この注文用紙をネットに置き換えたもの。また専用Webサイトを通じて、組合員の注文履歴や、購入金額に応じて付与されるポイント数が確認できたり、さらには紙カタログでは掲載しきれないより詳細な商品情報(商品名、商品案内、産地、アレルゲン、遺伝子組換え、賞味期限、栄養成分、原材料表示など)も得られる。また、組合員が定期的に購入する商品を事前にWeb登録することで、買い忘れ防止に役立つという機能も特筆すべき利点だ。
 サービス開始は2000年3月からで、当初は埼玉県限定で試験運用を行い、カタログは紙でネットは受注のみだった。2001年7月から本格的に全生協でサービスの提供を実施。2002年8月には「ネットカタログ」を立ち上げ、同時にネット限定の商品を扱った「オリジナル・ショップ」もスタートしている。
 ネットへの進出理由としては、前述のような会員の利便性向上のほかに、“インターネット”というインフラが近い将来必須となることを予見した“先取り”という意味合いも強い。サービスを始めた2000年当時、流通業者がネット販売に参入する例はまだまれであったが、パルシステムはノウハウ蓄積の意味も含めていち早く参入、激化する流通競争で優位に立とうという戦略展開に乗り出したのだ。
 サービスエリアは、パルシステム傘下の10生協が守備範囲とする、関東1都5県と近隣の福島、山梨、静岡(埼玉は2組織が加盟)である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年2月号の記事