コアなファンによるサンプリングを通じてさらなる“ファンづくり”を展開

(株)フレンテ・インターナショナル

(株)フレンテの事業会社である(株)フレンテ・インターナショナルでは、スウィートミントタブレット「Pinky(ピンキー)」を全面刷新し、2007年11月5日から全国発売を開始した。そこで同社グループが運営するWebサイト「フレンテスパイラル」の登録会員による発売前サンプリング「新しいPinky 発売前にあげちゃい隊」を実施。Pinkyを配布していただけるファンを2万人募集し、計60万人に試食サンプルを配布した。

全面刷新した「Pinky」の発売前に2万人のファンを募集し、サンプリングを実施

 1997年に「Pinky(ピンキー)」を発売し、スウィートミントタブレット市場を確立した(株)フレンテ・インターナショナル。同社では2007年11月5日に「Pinky」の全面刷新を実施したが、それに先駆け、約60万人を対象とする新商品サンプリングを行った。
 このサンプリング・キャンペーンでは、まず、2007年10月3日から10月16日に、同社が1998年から運営しているWebサイト「フレンテスパイラル」(http://spiral.frente.co.jp/)のメールマガジン登録会員約30万人(PC版・ケータイ版合計)から、配布を担当する「新しいPinky 発売前にあげちゃい隊」を募集。応募者の中から当選した2万人の「あげちゃい隊」隊員に2つのフレーバー(各30袋)の試食用小袋を送付し、各隊員が友人や知り合いに試食用小袋を配るというかたちを採った。2万人の隊員が30人ずつの友人・知り合いへの配布を行うことにより、約60万人へのサンプリングを実現したわけだ。ちなみに2万人という数は、「Pinky」のコアなファンがその程度存在するのではないかという認識などから設定した。当選した隊員からは、「やっと念願の隊員になれた」といった声が数多く寄せられたとのことである。
 同社では従来から、繁華街や映画館、アイドル歌手のコンサート会場など、「Pinky」の主なターゲットである女子中高生が多く集まる場所や、「フレンテスパイラル」経由でのサンプル配布を実施してきたが、2007年から、「あげちゃい隊」を通じたサンプリングを開始。3月、6月にそれぞれ1,000人、300人規模の「あげちゃい隊」キャンペーンを行い、これが好評であったことから、今回、2万人と規模を大きくして実施することになった。その狙いは、まずは「Pinky」のコアなファンに新しい「Pinky」をいち早く知ってもらい、そのファンを通じて「Pinky」のリニューアルに関する認知を広めることにあった。「Pinky」ファンが配布を行うことにより、配布の場面で何らかのコミュニケーションが発生し、企業からの直接配布とは異なる口コミ効果を誘発することを期待したのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年1月号の記事