イベントと流通店頭で年間400万個の試供品を配布

アサヒフードアンドヘルスケア(株)

錠菓市場「売り上げ個数NO.1」のシュガーレスミントタブレット「ミンティア」を販売するアサヒフードアンドヘルスケア(株)。同社は、東京・渋谷の街全体を使った参加型スポーツイベント「MINTIA JAPAN in Shibuya」を中心に、全国6大都市で「MINTIA JAPAN tour」と題したプロモーションイベントを展開。その一環でサンプリングも実施した。同社では、「ミンティア」の新しさ、明るく楽しいイメージの訴求を高め、「ミンティア」のさらなるブランド強化を目指している。

TVCMと連動してイベントを実施し商品サンプルを配布

 「健康創造企業」を標榜し、健康関連商品、酵母エキス、機能性食品、フリーズドライ商品などの製造・販売を手掛ける、アサヒビールグループのアサヒフードアンドヘルスケア(株)。同社では、2005年から、主力商品のひとつであるシュガーレスミントタブレット「MINTIA(ミンティア)」のプロモーションチームとして「ミンティアガールズ」を投入。TVCMの放映と連動して、「ミンティアガールズ」による商品サンプリングを中心とする大規模イベントを実施するとともに、GMS、スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストアなど、「MINTIA」の取り扱い流通店舗でも、「ミンティアガールズ」による店頭サンプリングを随時実施し、販売促進につなげている。
 「MINTIA」のような錠菓は指名購買の比率が高く、また、店頭での購入決定のスピードが速い。購入者の多くがパッケージにより目当ての商品を探し、手に取って、購入しているのだ。従って、そのプロモーションにおいては、強烈なインパクトにより、商品とパッケージデザインを結び付けて記憶してもらうことが重要になる。以上のような認識に基づき、同社が2005年から展開しているのが、「ミンティアガールズ」を軸とするプロモーション活動である。
 「ミンティアガールズ」は「MINTIA」の主要フレーバーである「ワイルド&クール」のパッケージをイメージさせるコスチュームに身を包んだ女性によるプロモーションチーム。タレントのビビる大木氏が女性に扮してその一員となり、異彩を放っている。「ミンティアガールズ」が登場するTVCMも放映されており、認知度は高い。この「ミンティアガールズ」を中心とするイベントを実施し、そこで商品サンプルを配布することにより、特に「MINTIA」の主要顧客層である10代後半から20代前半の男性に、強い印象とともに商品を認識してもらうことを狙っているのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年1月号の記事